オプションのコード入力機能付き IO-Link センサハブ

取扱いが簡単 – 低コスト – 用途の汎用性が高い

Balluff のコーディング可能な IO-Link センサハブは市場に新たに登場したものです。ユーザーはこれらで、それぞれ任意の識別データの書込みと読出しができます。そのため、例えばツールのコーディングを極めて低コストで実現できます。そのうえ設置も簡単です。

交換ツール用インタフェースとして、明確に計算できる利点をもたらします:

  • すばやく確実なフォーマット切替え:
    これは、ツールがハブおよびデータと一緒に交換されるからです。また情報は IO-Link により直接コントローラに転送されるため、継続的なプロセス管理が保証されています。
  • スピーディな低コストでの取付け:
    配線に費用のかかるマルチピンケーブルが不要になります。何故なら、単純なシールドのない 3 ワイヤケーブルで足りるからです。そのため、取付けが非常にスピーディでありながら、非常に低コストでもあります。
  • 迅速な調整:
    コントローラによる簡単なコーディングによって、特定の目的に合わせて新しいツールが準備されます。

その他の利点

  • IP 67 のセンサハブは汎用的に使用できます。
  • 機器のタイプに応じて、シングルチャンネルモニター付きの 6 個の入力を使用するか、または、16 のチャンネルのそれぞれに関して、入力と出力のどちらとして使用するかを決定できます。過負荷、短絡または断線などの詳細な結果がすぐに手元に届くので、最悪の場合はすぐに対処でき、ダウンタイムが減るという利点があります。
  • 便利な LED 表示により、供給と機能を容易に監視することができます。調整とメンテナンス、また、停止時間もよりスピーディに終了させることができます。

そのため、コーディング可能なセンサハブは コストを削減し、作業を減らし、  ダウンタイムを減らすだけではありません。 それ以上にコーディング可能な センサハブ は、特別な  効率性 を実現させます。

オプションのコード入力機能付き IO-Link センサハブの使用


お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。