信頼性のあるデータ伝送および効率改善に役立つ最高のネットワーク技術

IO-Link

何が IO-Link をこれほど特別なものにしているのでしょうか。

汎用的に使用でき、規格化された制御技術の統一インタフェースとして、IO-Link はあらゆるセンサ信号をコントローラに伝送し、制御データを最下位のアクチュエータレベルまで転送します。IO-Link を使用して、上位のコントローラがセンサとアクチュエータのパラメータ設定および診断を行えるため、自動化がさらに効率的になります。IO-Link は最終的に、ガイドシステムからセンサ/ アクチュエータレベルまでの介入を可能にします。その方法は極めて簡単です。何故なら、IO-Link を使用すると、極めて多様なセンサとアクチュエータを、装備変更せずにすばやく統一した方法で、1 本の標準 3 ワイヤケーブルで配線できるからです。IO-Link はフィールドバスには関係なく機能するため、特殊なバスシステムは不要です。.

オートメーションのあらゆる領域にとっての利点

IO-Link は機械やシステムのライフサイクルにおいて、大幅な最適化とコスト削減の可能性をもたらします。それは簡単な取付け、コントローラによる集中したパラメータ設定、継続的な診断によるものであり、結果として、ロジスティックスとプランニング、取付けと試運転、サービスとメンテナンスなどの非常に多岐にわたる領域に、計り知れないメリットをもたらします。加えて、システム稼働率が大幅に向上します。すべての領域において非常に優れた働きをする理由について、ここで詳しくご覧ください。

ロジスティックスとプランニング → 低コスト

  • すべてのバリエーション用に統一した汎用インタフェースにより簡単になった在庫管理
  • バリエーションとインタフェースが大幅に減少したため、減少したプランニングと管理の作業
  • シールドのない簡素な産業用ケーブルによるコストの削減
  • 全メーカーに対応できる規格による投資安全性の向上
  • プロジェクト計画時の最大限の柔軟性により、将来の要件に対して十分な準備

サービスとメンテナンス → 少ない作業

  • 自動の再調整により減少したサポート作業
  • 確実な故障検知と故障位置特定による機械寿命の長期化、すばやいセンサ交換および集中したデータ設定
  • 先見的な故障検知によるメンテナンスの減少

 取付けと試運転 → 大幅な時間短縮

  • 統一インタフェースと従来のシールドのない産業用ケーブルによるフィールドバス領域への簡単な統合
  • コントローラがパラメータ設定を担当するので試運転時間が短い
  • バイナリおよびアナログセンサ/ アクチュエータの同時使用による段階的な拡張

 システム稼働 → 高い安定性

  • 直接のデータ伝送による高精度の自動化
  • コントローラによる集中したパラメータ設定(長い距離の場合も)
  • 継続的に行われるデータ監視による確実な再調整(設定されたレベル、スイッチングヒステリシスの維持など)
  • すばやいセンサ交換と集中したパラメータ設定による迅速なフォーマット切替え
  • 標準および IO-Link センサ/ アクチュエータを同時に使用可能

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。