超音波センサ

距離測定および位置検出用に多用途に使用可能

色や表面状態に左右されない
超音波センサ BUS は、顆粒、液体、粉体の距離測定および位置検出に最適です。充填レベル、高さ、または垂れ下がりを非接触で測定し、対象物の有無や数を監視できます。

色や表面状態に左右されず、多用途に使用できます。反射の強い、透明な対象物にも問題なく対応できます。

超音波センサは高精度の多用途な製品であり、厳しい環境での使用にも適しています。粉塵、汚れ、蒸気にも強く、支障なく使用できます。

広い検出範囲 – 高精度
検出範囲が 20 mm ~ 8 m のため、対象物との距離が離れていても問題ありません。分解能が高くブラインドゾーンが小さいため極めて高い精度が得られます。さらに、超音波センサには優れた背景抑制機能があります。これは、測定原理が強度ではなく、音波伝搬時間に基づいているためです。同期化機能が内蔵されているため、センサが相互に影響し合うことはありません。

スイッチおよびアナログバージョン
当社の超音波センサ BUS は、出力信号に応じて区別されます。すべてのシリーズには、スイッチバージョンとアナログバージョンが用意されています。アナログバージョンは、すべて電流出力または電圧出力付きで供給可能です(0~10 V または 4~20 mA)。スイッチバージョンは、あらゆるコントローラに適合します。

特長:BUS M30 にはスイッチング出力×2、スイッチング出力×1 およびアナログ出力×1、スイッチング出力×2 およびアナログ出力×1 の各バージョンがあるため、他のセンサの機能を引き継ぐことが可能です。

各種電源で使用可能
BUS の作動電圧は、さまざまな電圧網に適しています。簡単かつ迅速に試運転を実施できます。矩形およびアングルヘッド構造により、設計の自由度が広がります。

アプリケーション事例

バージョン

BUS M30、ディスプレイ付き。操作快適性が高く、チェックが簡単

  • 30 mm ~ 8 m の 5 つの検出範囲
  • 分解能 0.025 ~ 0.18 mm

金属ハウジング付きの超音波センサ BUS M30 は、ディスプレイで簡単に操作できます。作動中はすべての測定値がここに表示されます。

BUS 18M、IO-Link 付き、90°アングルヘッドバージョンもあり。フレキシブルかつ迅速な設置が可能

  • 20 mm ~ 1.3 m の 4 つの検出範囲
  • 分解能 0.069 ~ 0.10 mm

小型ハウジングまたは 90°アングルヘッド付きの BUS 18M は、非常にフレキシブルな取り付けが可能です。90°アングルヘッドは、大半の場所に最適に組み込むことができます。

IO-Link インタフェースにより、容易な設置、継続的な診断、コントローラの集中設定が可能です。

コンパクトな矩形構造の BUS R06K。省スペース、高速アプリケーション用

  • 20 mm ~ 1 m の 5 つの検出範囲
  • 分解能 0.08 mm

矩形ハウジング(20 x 32 x 12 mm)付きの小型超音波センサ BUS R06K は、限られたスペースでの使用に適しています。最大 125 Hz というスイッチング周波数の高いバージョンは、特に高速アプリケーションで信頼性の高い結果を実現します。

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。