マイクロパルスリニアスケール BTL6 プロファイル PF IO-Link

設定が簡単 – 設置や試運転の時間を短縮

プロファイルハウジング PF 付きのマイクロパルス位置測定システムは、位置を正確に検出するための非接触・アブソリュート方式の測定システムです。非常にフラットなデザインと保護等級 IP 67 の堅牢な構造が特長です。軸位置は、ポジショントランスデューサマグネットにより、アルミプロファイルの壁を通して「マーキング」されます。
この位置測定システムの横方向オフセットおよび垂直方向オフセットの許容範囲は最大 15 mm となります。

プロファイル PF の利点と特長

  • 通過しやすい非常にフラットなデザイン
  • 非接触による測定位置検出
  • 汚れに強い、IP 67
  • 耐衝撃性・耐振動性
  • アブソリュート出力信号
  • 最大測定長 4570 mm
  • 分解能 1 µm
  • リニアリティ偏差 ± 200 µm
  • エラー LED およびステータス LED

IO-Link による非接触式位置測定技術

マイクロパルス PF IO-Link は、1 ms サイクルで連続して µm 単位の測定値を供給する非接触・アブソリュート方式の位置測定システムです。この測定値は IO-Link を介して直接デジタル伝送されます。

IO-Link は、任意のネットワークに組み込めるポイント・ツー・ポイント接続です。IO-Link システムは、センサまたはアクチュエータなどの IO-Link デバイス、IO-Link マスタ、配線で構成されます。マスタモジュールは、すべての一般的なフィールドバスプロトコルに対応しています。マイクロパルス PF IO-Link デバイスは、最長 20 m の標準センサ配線/アクチュエータ配線でマスタに接続されます。マイクロパルス PF IO-Link は通信速度 COM3(230 kB)で作動し、1.1 マスタで 1 ms のプロセスデータサイクルを実現します。IO-Link を介し、IODD(IO Device Description)を用いてユーザーインタフェースをエンジニアリングシステムに反映させることが可能です。一貫した情報フローにより、すべてのデータが集中的・連続的に保存されます。それにより、いつでもパラメータ設定が可能になり、常に再現性が確保されています。

プロファイル PF IO-Link による付加価値

  • 設定が簡単、迅速な設置や試運転が可能
  • COM3、1 ms プロセスデータサイクルを実現、素早い動きを確実に測定
  • OTF(オンザフライ)、作動中の自動パラメータ設定
  • 連続的な監視および診断
  • 高速の伝送速度、高速のプロセスデータサイクル
  • 標準 M12 ケーブルコネクタを使用する低コスト配線
  • 標準 IO-Link モジュールまたはセンサハブにより、簡単にコントローラに統合可能
  • 厳しい産業環境に対応、Balluff 製の IO-Link マスタコンポーネント(IP 67)を使用

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。