静電容量式標準センサ

BCS Q40 Uniflat – コンパクトでフラットなデザイン

Kapazitiver Sensor BCS Q40 von Balluff物体検出および充填レベル検出用静電容量センサのリーズナブルな標準セグメントに、非常にフラットなタイプが登場しました。コンパクトなプラスチックハウジング(40x40x10 mm)、ケーブル接続またはピグテール接続付きです。

用途

静電容量センサ BCS Q40 Uniflat は、厚さ 6 mm までの非金属製の壁を通してオイルまたは顆粒を検出します。タンク底部に取り付けると、最適な漏れ検出器となります。

アプリケーション事例

  • 供給システムの内容物のチェック
  • 外装内の内容物のチェック
  • ボール箱を通した充填レベルのチェック
  • 漏れ検出 

検出距離

検出距離は 1 ~ 20 mm で細かく調整できます。そのために、20 段式ポテンショメータが用意されています。
ピグテールバージョンの静電容量式 Q40 Uniflat には、NO 接点または NC 接点となる PNP 出力×1 が装備されます。
ケーブルバージョンの場合は、コーディングによって出力に NPN を追加することも可能です。その際、NPN および PNP のいずれも、NC 接点または NO 接点として設定できます。

取り付け

静電容量センサ BCS Q40 Uniflat は面一で取り付けることが可能であり、ネジ、ケーブルタイまたはアングルを使用してさまざまな方法で固定できます。また、ユニバーサルな 45°ケーブルアウトレットによって高いフレキシビリティが得られます。

固定方法

  • M4 通しボルト
  • M3(両側にナット用の回転防止付き)
  • 皿頭 M4 取り付け(ボルト DIN 920 による)
  • Balluff 取り付けシステム用のアングルブラケット
  • タンクまたは配管に固定するためのケーブルタイ

作動電圧およびスイッチ状態を示す LED インジケータ

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。