センサの最適な固定法

新しい実用的なデザインのマウントシステムおよび新型クランプホルダ

グレードアップした BMS マウントシステム – 確実な固定を保証
汎用型 BMS マウントシステムはデザインを一新し、アプリケーションにおいてセンサを最適かつ簡単に固定できるようになりました。わずかな操作だけで、複雑なポジショニング作業も迅速かつフレキシブルに行うことが可能です。

堅牢で、汎用的に使用可能
この固定技術は難しい産業環境において使用できるように開発されたものです。多大な機械的負荷に耐えるコンポーネント – ベースホルダ、ジョイント、センサホルダは堅牢な亜鉛ダイカスト製です。

ハンドリングが簡単
ベースホルダはあらゆるメーカー固有の取り付けプロファイルに適合し、溝にぴったりとフィットします。片面が非常にフラットになっているため、壁面への直付けが初めて可能になりました。固定ボルトは片面からアクセスできます。

ジョイントおよびセンサホルダは、スナップ機構により、バーの上に滑らないように取り付けることができます。これを固定するには、それぞれ 1 本のボルトだけで十分です。
ジョイントアングルは目盛を使用して調整します。

新型クランプホルダ – 工具なしで使用可能
M12/ M18/ M30 センサ用の Balluff の 新型クランプホルダはハンドリングが簡単です。工具なしで使用できます。
センサを取り付けた後、ローレットナットを手で締め付けるだけで確実に固定できます。
高温や振動が強いなどの特別な環境条件下では、ローレットナットをスパナで増し締めすることが可能です。
クランプホルダにはプラスチック部品が使用されていません。そのため、最高 500 ℃の高温アプリケーションに対応します。

アプリケーション事例

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。