高い精度での部品の識別と位置の検知

高分解能光グリッド BLA により多数の測定モードが実現

製造、包装、品質管理において各種の検出物体を識別する必要がある場合は、新しい高分解能光グリッド BLA が最適です。最小限のサイズの違いまたは高さの差だけで検出物体の識別、比較、選別を実施できるためです。

直感的に操作可能な装置は試運転が簡単です。高性能な赤色光レーザーと受光器からなるこの装置は、コントローラ、PC、または特殊なソフトウェアなどのアクセサリを使うことなく、完全に独立して作動します。

検出距離は最大 2 m です。一貫した見やすい光グリッドにより、0.01 mm という優れた分解能を達成します。

アプリケーション

この多機能装置は、物体直径、物体位置、スリット幅、スリット位置、
エッジ位置などの多数の測定モードを提供します。さらに、ユーザーは最大 6 つの異なる検出物体をボタンでティーチインしたり、
測定フィールド内で障害となる物体を隠すことが可能です(ブランキング)。また、たとえば、物体直径のチェックと同時に物体位置の検知など、各種測定モードを並行して使用することも可能です。

BLA は幅広い用途で使用可能 – 堅牢な金属ハウジングにより過酷な条件にも対応:

  • 高精度の位置監視および位置検知
  • サイズまたは直径に応じた簡単かつ迅速な部品の選別
  • 物体高さやスリットサイズなどの品質管理と品質監視
  • 半透明の材質であってもウェブエッジの正確な検知

アプリケーション事例:ボトリングシステムのボトル高さおよびボトル直径の監視

ボトリングシステムにおいてボトルが適切に充填・密封されているか点検するために、光バンド BLA を使用します。
光グリッドは、まずボトルネックの幅を検出して、この値と事前にティーチインした値を比較します。
デジタル出力を利用することにより、適切な密封キャップをエラーなしで迅速に選択できます。キャップをねじ込んだ後、
次の BLA が完全にキャップがねじ込まれているか、それによりボトルがしっかりと密封されているか点検します。そのためには、
ボトルの高さを検知して、許容される設定値と比較します。ここでもデジタル出力が利用されます。

アプリケーション事例:巻線機

ワイヤを全自動でリールに巻き取ることができます。この場合、ワイヤの厚みが変わらないように注意しなければなりません。同時に、ワイヤがリールの幅全体に均等に巻き取られるよう監視する必要もあります。光グリッド BLA では、1 つの装置だけでこのアプリケーションに信頼性を持って対応できます。2 つのアナログ出力と 3 つのデジタル出力により、位置とワイヤの厚みを同時に検知・出力することが可能です。

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。