Profinet:光ファイバと銅ケーブル用のプッシュプルモジュール

過酷な産業環境での配線用

光ファイバまたは銅
Balluff は Profinet モジュールの製品ファミリーにプッシュプルのバリエーションを追加しました。これらは、光ファイバまたは銅ケーブルの接続部付きで用意されています。どちらの仕様にも、AIDA(ドイツ自動車メーカーのオートメーションイニシアティブ)で指定されたフィールドバスおよび電源ケーブル用のプッシュプル接続技術が採用されています。これにより、配線が非常に簡単になっています。

光ファイバと銅
さらに、双方を相互に接続するモジュールもあります。光ファイバ(SCRJ)と銅(RJ45)のどちらのプッシュプル接続も提供します。その他の利点:この EA モジュールは、銅から光ファイバに置き換えるために追加の外部モジュールを必要としません。このモジュールは 2015 年の初頭から提供されます。

光ファイバ接続用
光ファイバ接続は、高度に利用可能な、データ集約型のアプリケーションに推奨されます。自動的に行われる電気的遮断により、補償電流と過電圧を効果的に回避できます。

さらなる特徴:ディスプレイ、一体型スイッチとウェブサーバー
Balluff の Ethernet ベースの全 IO-Link マスタと同様に、プッシュプルモジュールでも情報および追加の診断用の一体型ディスプレイが提供されます。一体型スイッチは、Profinet ライン構成の構築に役立ちます。ウェブサーバーでは、モジュールの状態および詳細診断のためのすべての最新情報が表示されます。

IO-Link 1.1
プッシュプルモジュールの 8 つの IO-Link ポートを介して、IO-Link 1.1 のすべての機能を使用できます。

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。