8つのIO-Linkマスタポート搭載耐溶接環境リモートI/OとIO-Linkセンサ/アクチュエータハブ

電磁ノイズの環境でも確実な通信

8 個の IO-Link ポート付き耐溶接 I/O モジュール + カスケード接続可能な IO-Link 対応 IO ハブ溶接時の電流ノイズや高磁界環境に対応
Balluffは溶接の過酷な環境での使用を目的に開発された新しいネットワークモジュールの製品群を提供します。グラスファイバー強化プラスチック製の耐溶接モジュールは、スパッタや溶接時の電流、高磁界に対する耐性を持ち、作業環境におけるノイズ干渉でも確実な信号伝送が可能です。さらに、簡単に取付けできることも利点です。

IO-Linkによる分散化システム

8つのIO-Linkマスタを持つリモートI/Oと16チャンネルのセンサ/アクチュエータハブで革新的なネットワークソリューションを提供します。

効率的なpoint-to-point接続のIO-Linkで、溶接セルの制御盤外で分散化システムを構築することができます。 IO-Linkマスタポート搭載のリモートI/OはEthernet/IPを介してシステムや装置のコントローラへ直接、通信します。

IO-LinkマスタポートへはIO-Linkインタフェースを搭載した様々なインテリジェントセンサやセンサ/アクチュエータハブを接続できます。これにより柔軟性の高いシステムを簡単に構成することができます。

IO-Linkを用いると、制御側からパラメータを簡単に送信でき、継続的な診断情報で高い信頼性のデバイス監視を実現でいます。また、安価な3芯または4芯の非シールドケーブルを用いることにより、簡単に接続することができます。

リモートI/Oの利点

  • あらゆる IO-Link デバイスを接続できる8つのIO-Linkマスタポート
  • 最大16点の入力/出力チャンネルごとに診断用LEDを搭載:
    全ての入力に短絡保護回路装備
    全ての出力に過負荷保護回路装備
  • 各チャンネルとネットワーク通信を監視できる視認性に優れたステータスLED
  • モジュール情報(IP アドレス、設定、パラメータなど)を確認できるWebserver機能搭載
  • デイジーチェーン(渡り配線)が可能な2つのネットワークスイッチポート搭載
  • 補足情報(バージョン、IP アドレス、モジュール名など)を表示する高視認性のディスプレイを搭載

IO-Link センサ/ アクチュエータハブの利点

  • 視認性に優れた機能表示用LED搭載
  • 入力または入/出力を任意に設定できる最大16 個のチャンネル
  • 更にIO-Link対応の バルブコネクタやIO-Link センサ/アクチュエータハブを接続できる拡張用ポート装備(合計で30個のI/Oを拡張)

アプリケーション事例

耐溶接モジュールは、溶接ロボット付近の極端な条件下で確実な信号伝送を保証します

耐溶接環境リモートI/Oは溶接ロボット付近の過酷な環境でも信頼ある通信を確保。

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。