ステンレス製静電容量センサ

苛酷な条件下でもそのまま使用可能

Balluff ステンレス BCS 衛生上の条件が極めて重要な分野での液体の充填レベル制御および検知は、ステンレス製静電容量センサの代表的な用途です。このセンサは安全・安定かつ衛生的な生産プロセスを実現するための条件をすべて備えています。ステンレスを使用した完ぺきな固定および接続技術により、最適な統合を約束します。

ステンレス製ハウジングは食品と反応せず、腐食性の洗浄剤に耐えることが証明されており、食品産業における湿式プロセスや衛生上重要なプロセスでの使用にはファーストチョイスとなっています。また IP 67、IP 68、IP 69K により最高のシール性を確保していることも、選ばれる理由です。 更に 120℃ までの温度に耐えることができます。このため長寿命とプロセス安全性、ひいては最高の品質が保証されます。

Balluff の静電容量センサは、食品・医薬品産業において技術的要求条件が厳しい場合にも、物体および充填レベルの認識に優れているばかりでなく、過酷な環境を克服しなければならない場合に競合製品を凌ぐ能力を発揮します。

従来の円柱形タイプと並んで立方体型・平板型も用意されており、耐薬品性材料を使用しているため、多様な用途が可能で、適切なシリーズを容易に選定することができます。

ステンレス製静電容量センサ

  • 固定トルクが大きい場合に
  • 環境が苛酷な場合、食品・プラスチック・特殊機械・木工・家具産業などで特に実績があります。

ステンレス製センサ


Balluff ステンレス製静電容量センサ