Mini 光電センサ

小型のなかでも最小

Mini 光電センサMini 光電センサは密接な追尾が必要な場合、あるいは高速運動のため重量に制約がある場合に用いられます。そのため、ロボットアームなどの極めて動的なアプリケーションに最適です。この分野では軽量で占有面積が小さく、しかも動作が極めて精密な部品が要求されます。

金属製モデルの Mini センサには光センサ、反射型光バリア、スルービーム光バリアがあり、08M の円筒形または一辺が 8 mm の正方形のハウジングに収められています。測定範囲・測定距離が固定されており、ハンドリングが簡単な点が特徴です。小型で堅牢な光センサは使用上の柔軟性が高いため特に経済的です。

プラスチック製(20.6 x 12.5 x 7.6 mm)モデルにも、光センサ、 反射型光バリア、スルービーム光バリア、およびバックグラウンドサプレッション機能付き光センサが揃っています。取り付けは内部の金属製スリーブにより迅速簡単にできます。レーザ光に似た、目に見える光点によって小型部品の精密な検知が可能です。また他に類例のない最大 1.2 m の測定距離と短い応答時間によって、極めて使いやすい製品となっています。

利点

  • 簡易なハンドリングにより効果が向上
  • 種々の形態があり設計の自由度が大きい
  • 完成度の高いレーザ技術ないしピンポイント技術による高いプロセス精度

レーザ式スルービーム光バリア BOS Q08M による小型部品の確実な認識