フレーム型光バリア

部品を動的に認識

Balluff フレーム型光バリアフレーム型光バリアは多数の平行なビームを使用します。この構成によって、対象物体を 1 点でなく 1 つの領域(ウィンドウ)内で検知することが可能になります。光学系の特殊な配置によって、フレーム内の位置に関わらず均一な高分解能が保証されます。Balluff のフレーム型光バリアは 動的に作動します。すなわち検知範囲にあって移動している対象物のみを検知します。

特長

  • 一様に高い分解能
  • 動的な動作:運動中の物体のみが認識されるので、フィーダ等が測定値に影響しない 
  • 0.8 mm までの小型部品の検知
  • 出力信号長さの設定が可能
  • 感度の設定が可能
  • フレーム寸法 3 種
  • 標準の M8 コネクタ

アプリケーション

  • 小型部品の圧送
  • 糸切れ検査
  • 排出監視
  • 部品の数量カウント/分離

フレーム型光バリア による部品の数量カウント

使用状態の Balluff フレーム型光バリア

製品

フレーム型光バリア