IO-Link 付きセンサ/ アクチュエータハブ

簡単な取付け、効率的なパラメータ設定、一貫した診断

Balluff の IO-Link 付きセンサハブは効率的な省配線を実現します。最大 16 の標準センサを迅速かつ容易に、また確実に接続することができます。この場合、各入力はパラメータセットによりノーマリオープンまたはノーマリクローズ開としてコンフィギュレーション可能です。DESINA 規格に準拠したセンサも簡単に接続できるので、柔軟性に優れています。標準 3 ワイヤ配線を介して、完全な制御が最短2msのサイクルタイムで実現できます。

IO-Link アクチュエータハブは、 EU 機械指令 2006/42/EG、EN 954-1 カテゴリ 3、EN 13849-1、EN 62061 SIL2 に準拠して、より確実な出力遮断「パッシブセーフティ」の要求を満たします。I/O ブロックは 2 個の絶縁されたセグメントに分割されているので、ひとつのモジュールで 2 つの独立した、切替え可能な安全回路を実現することができます。

アナログのセンサハブにより、さらに 2 つの電流および電圧インタフェース付きバリエーションを選択できるので、非 IO-Link のアナログセンサも確実に接続することができます。4 個のアナログチャンネルを利用可能で、これらは IEC 61131 に準拠し、さらに1ポートあたり2点の入力を持つ 4 個のデジタル標準入力ポートを備えます。

コンフィギュレーション可能なセンサ/ アクチュエータハブは最大の柔軟性を提供します。パラメータセットにより、各ポートを個別に入力または出力として使用することができます。出力能力を上げるために、モジュールを追加電源に接続することができます。

IO-Link ハブ

仕様

Balluff の IO-Link 付きセンサハブは、保護等級 IP 67 および IP-20 バリエーションのプラスチック製および金属製です。金属製のセンサハブは完全密閉型ハウジングなので、衝撃や刺激性の液体によって損なわれることはありません。最高 70 °C までの広い温度範囲と非常に過酷な環境での使用向けに設計されています。特にツール識別のための便利な機能として、ID番号を組み込んだセンサハブもご用意しています。

すべてのセンサハブは設置が簡単で、大型の明るいステータス LED がステータスを明確に表示するので、維持管理を軽減できます。ポート別の個別チャンネルモニタはポートでの短絡および過負荷を検出し、この機能を備えた機器の中でも突出したレベルの高度な診断機能を持ちます。

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。