識別の近道

三菱シーケンサ用のプロセッサユニット

13.56 MHz の HF プロセッサユニット BIS M-688-001 は三菱製 MELSEC-Q シリーズへの統合用に開発されました。2 チャンネルカードには BIS M シリーズのすべてのリード/ライトヘッドを接続することができます。豊富なバリエーションが揃っているので、どのようなアプリケーションにも適した設定が可能です。

MELSEC-Q シリーズを使用することで、ユーザは各アプリケーション用に CPU モジュールと通信、センサ、I/O モジュールとの最適な組み合わせを構成できます、これにより極めて柔軟性に優れたオーダーメードのシステムが実現されます。RFID を使用することでプロセスがより効率的になります。

利点

  • テスト運転も容易な、低コストのファンクションモジュール
  • コントローラへの直接統合により分散配線が不要
  • 各端子での機能表示
  • 保護構造 IP 40

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。