Vision センサ BVS-E 赤外線

不可視 – 信頼性向上

変動する「周辺光」は、従来の Vision センサの検査信頼性を損なう恐れがあります。同時に従業員やエンジニアは、その光パルスを邪魔だと感じます。

オペレータの負担軽減

赤外線を使用する Vision センサの導入により、両方の問題を解決できます。
新しい BVS-E 赤外線の赤外線光は人間の目に見えないため、オペレータは光パルスによる妨害を受けません。

フィルタによる周辺光の除去

BVS-E 赤外線は、あらゆる対象物を高い品質で検査します。内蔵された光フィルタが、目に見える周辺光が検査に影響を及ぼすのを防止します。これにより、BVS-E 赤外線はプロセス信頼性の向上に寄与します。

各種バージョンによって個別のニーズに対応可能

各種の光学系および Standard、Ident、Advanced の各モデルバージョンから、アプリケーションに応じて適切なタイプを選択できます。

簡単な取り付け

すべてのバージョンに工業基準に適合した非常にコンパクトなハウジングが付いており、簡単かつフレキシブルな取り付けが可能です。

特長および利点

  • 不可視光:オペレータの邪魔にならない
  • 内蔵の光フィルタ:プロセス信頼性の向上に寄与
  • 目に安全、CE マーク取得(EN 62471:2008):最高の従業員保護
  • 同様の赤色光センサより 10 % 高い光強度

アプリケーション事例

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。