IO-Link で通信

フィールドバスに依存しません

種々の Balluff IO-Link マスタ(EtherCAT、Profibus、Profinet、Devicenet、Ethernet/IP、CC-Link)により、デバイスは IO-Link を介して簡単にほとんどすべてのフィールドバスと通信することができます。

IO-Link センサハブは、最大で 16 のバイナリ標準センサを「まとめます」。このようにして、センサを簡単かつ低コストな方法でフィールドバスレベルに統合できます。

IO-Link 付き誘導型カプラ BIC は非接触のデータおよび信号伝送を可能にします。機械的には分離されていてしかも電気的には接続されていることにより、迅速で摩耗のない通信が可能です。

IO-Link インタフェースを備えた LED 信号ピラーの IO-Link SmartLight により運転状態を簡単に視覚化することができ、それにより安全性が一層高まります。
一般的に使用されている物理量を表示可能です。そのためのプログラミングは迅速でしかも極めて簡単です。更なる利点:取付けも簡単です。

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。