フォーク型光バリア BGL:

スルービーム光バリアが明確なメリットを提供

運転の信頼性と精度に関して無敵

Balluff Gabellichtschrankenフォーク型光バリアは、特に運転の信頼性と精度に関して無敵です。投光器と受光器が 1 つのハウジングに収められており、組立・調整の面倒がなく、安全なプロセスが実現できます。

機械軸と光学軸が同一

ユニットの構造そのものに、すでにこのセンサの大きなメリットが発揮されています。投光器と受光器の間の機械軸が必ず光学軸と一致するのです。そのため、これを 1 つのラインのようにして直接アプリケーションに組み込むことが可能です。

信頼性が高くフレキシブル

高い光学的分解能と繰り返し精度は、信頼性を高める特性であり、この製品シリーズを各機械に最適に組み込むことを可能にします。その際、設計者は 9 つのハウジング寸法とフォーク幅 5 ~ 220mm のラインナップから最適なサイズを選択できます。規格化された取付け穴により、標準化された、コスト効率の高い組立てコンセプトが実現します。

簡単な組立て

フォーク型光バリアはすでに機械の組立てと取付けの時点から、特に、検出物体に対する調整が簡単なことと堅牢な金属ハウジングが備えられていることがメリットとなります。ユーザーが行うのは電気接続だけであり、ケーブル 1 本を接続するだけで十分です。これは、さらにコストと手間の削減につながります。

赤色光、赤外線、レーザー光を使用

Balluff フォーク型光バリアには、赤色光、赤外線、レーザー光を使用するタイプがあります。それに加えて、ピンポイント LED バージョンも用意されています。これは、通常の赤色光 LED と比べて非常に小さくて精密な光点が使用され、フォーク幅が大きい場合でも良好な視認性が確保されます。それにより、検出物体に対する調整が大幅に簡単になります。

多様な用途

フォーク型光バリアとアングル型光バリアの主な活躍分野は組立て技術とハンドリング技術ですが、一部の特殊バージョンにより用途範囲はほぼ無限に広がっています。透明な検出物体の検知が可能なバージョンは、フィルム、ガラス、ビンなどの検知に強みを発揮します。迅速な組立てが可能で、誤調整の恐れがないため、簡単で迅速な試運転と高い信頼性を実現します。

水分を含む液体の検知が可能なタイプは、ビンの中の充填レベル、ホース内や透明なチューブ内の気泡なども確実に検知できます。特に、他のセンサ原理では限界がある非常に小さな容器の場合に、本センサは信頼性と堅牢性の高いソリューションを提供します。

ライトストリップ付きのアナログ フォーク型光バリア

フォーク型光バリアには、高性能なライトストリップ付きのアナログタイプの BGL-C があります。それにより、たとえば、ウェブエッジから検出物体の位置を絶対確実かつ極めて正確に検知することが可能になります。再調整や位置合わせは非常に簡単です。内蔵されたエアパージノズルによって、汚れの付着が防止されます。

利点

  • 投光器と受光器の調整が相互に固定されているため、高いプロセス安全性
  • 簡単な組立てと試運転による時間の節減調整不要
  • 4 つのシリーズから最適な製品を簡単に選択:光の種類に応じて物体検知または物体位置合わせに最適、小型部品の検知や汚れた環境にも対応
  • 新しいソリューションを提供するその他の特殊バージョン:透明検知、水検知、ウェブエッジ制御用

透明検知が可能な BGL で透明なビンをカウント