超音波センサ BUS M30E2 による充填レベル測定

化学的安定性 – PTFE 膜による

超音波センサ BUS M30E2超音波センサ BUS M30E2 は通常の圧力内で充填レベルを非接触で測定します。6 bar までの超過圧力下のタンク内および容器内でも同様です。スイッチング出力とアナログ出力の組み合わせにより、同時に充填レベル測定とオーバーフロー防止を行うことができます。PTFE 膜は腐食性の液体からセンサを保護します。

ねじ込みフランジ(1 インチ)を使用して、圧力に耐えられるようにタンクに取り付けられます。専用のソフトウェアフィルタによって、上方から充填される容器や攪拌器の付いた容器での使用が可能です。

特長

  • 非接触寸法:動作検出距離 30 mm ~ 1.3 m/ 限界検出距離 5 m
  • PTFE 膜により腐食性の媒体から保護
  • 最大 6 barまでの圧力に耐えます
  • プロセス接続 G1
  • ステンレスハウジングを採用、食品産業での使用に対応

その他の特徴

  • 1 つのセンサにスイッチング出力とアナログ出力、または PNP スイッチング出力 x 2 のバージョン
  • デジタルディスプレイでの簡単なセンサ調整
  • 保護構造 IP 67

食品に適した超音波センサが、超過圧力 6 bar までの容器内の充填レベルを継続的に監視します。

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。