産業用 RFID システム – コンポーネント選択

RFID により物体の自動識別と追跡が可能になります。そのために、識別すべき物体にデータメモリとして機能するデータキャリアを取り付けます。これらのデータは、コードキャリアとリードヘッドあるいはライト/ リードヘッドの間を誘導的に非接触で伝送されます。続いて、リードヘッドからプロセッサユニットを介してコントローラへ転送されます。

コンポーネントは多様な組合せが可能で、最適なソリューションを提供します。選択にはセレクタをご利用ください。

プロセッサユニット

データ交換用

詳細

データキャリア

物体に埋め込まれた情報。あらゆる環境に対応

詳細

データカプラ

2 つ目の機械的インタフェースのブリッジ用

詳細

ライト/ リードヘッド

データキャリアの通信パートナ。 幅広い用途で使用可能

詳細

ハンドヘルドプログラマ

最大の柔軟性を備えたモバイル通信のために

詳細

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。