IO-Link

1 つのインタフェースでプロセス品質を向上

  • 概要
  • コンポーネント

IO-Link の使用

コネクタおよび接続ケーブル 選択 IO-Link フィールドバスモジュール 選択 IO-Link センサ

あらゆる分野で IO-Link で通信

リニア位置測定であろうと、物体検知であろうと、識別であろうと、流体制御あるいは産業用ネットワーキングであろうと、Balluff の IO-Link はあらゆる分野で通信が可能です。
なぜなら Balluff の IO-Link は、様々な作動原理のセンサとフィールドバス技術に対応しているからです。

IO-Link とは

IO-Link とは、コントローラからオートメーションの最下層レベルまでの通信を可能にするための初めての世界標準 IO 技術(IEC 61131-9)です。汎用的に使用できるインタフェースはフィールドバスに依存しないポイントツーポイント接続で、シールドされていない産業用ケーブルで作動します。

IO-Link に可能なことは

IO-Link はすべてのセンサ信号をコントローラに伝送し、コントローラから制御データをセンサ/アクチュエータレベルに転送します。その結果は画期的なものです。

IO-Link 利点概要

  • 迅速かつエラーフリーの交換と始動による最高の機械稼働率
  • 拡張診断による必要に応じた保守
  • IO-Link センサの作動位置への直接取付けによる効率的な運転
  • 統一された標準インタフェースと産業領域で一般的な 3 線標準ケーブルによる容易な取付け

事象が発生している場所で

IO-Link 圧力センサは最適な取付けが可能

詳細

幅広い用途で使用可能

種々の作動原理での IO-Link 物体検知

詳細

広範な製品群

IO-Link によるリニア位置および距離測定

詳細

トレーサビリティを有利なコストで解決

IO-Link による RFID

詳細

IO-Link のハイライト

類例のないほどの多様なネットワーキング

詳細

予防保全

予知保全対策用電源ユニット

詳細 Condition based Maintenance
[未満]

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。