超音波センサ

精密な万能装置

  • 概要
  • コンポーネント

使用状態の超音波センサ

コネクタおよび接続ケーブル 選択 超音波センサ 選択 適合する固定具

超音波センサ BUS は位置認識、距離測定、固体・粉体・液体媒体の検知などを精密に行える万能装置です。色、透明度、表面状態に関係なく、常に高性能なチェックが可能です。 下記の認識が可能です。

  • ほとんどすべての材料(音波吸収材を含む)から成る物体
  • 液体、顆粒、粉体(直接)

認識範囲は 25 mm から 6 m に及び、対象物体との距離が大きくても問題になりません。分解能が高くブラインドゾーンが小さいため極めて高い精度が得られます。 超音波センサ BUS には出力信号の異なるいくつかのモデルがあります。スイッチングタイプとアナログタイプがあり、物体の認識や計数も距離測定も正確に行えます。このため多様な使用方法が確保されます。それに留まらず、更に出力機能の設計によって、常時閉あるいは常時開のスイッチとしての利用が可能です。

利点

  • 非接触認識
  • 汚れ・ダスト・ミストなどのある厳しい条件下でも信頼性が高い
  • 対象物体の色・透明度・反射率・表面状態などの影響を受けない
  • 小型の物体も精密に認識
  • 直方体形と円柱形があり設計上の自由度が高い

更なる利点:高い確実性と低いコスト

またアナログ超音波センサは第 2 のセンサ機能を取り込むことができます。1 つまたは 2 つのスイッチポイントを選択することができ、アナログのみ、またはアナログと 2 つのスイッチポイントを組み合わせた処理が可能です。これにより、アプリケーションの柔軟性、効率、安全性がより一層高まります。

超音波センサ - ユーザの要求に適合


柔軟性ある使用のために

ヒステリシスおよびウィンドウ機能付き超音波センサ

詳細

1 列に並べて接続

同期可能な超音波センサ

詳細

厳しい環境に最適

鋼めっき仕様の超音波センサ

詳細

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。