Mold ID – 金型の使用状況を透明化

成形金型の最適な使用と状態に応じたメンテナンス

成形金型の稼働率を最適化

Mold-ID は射出成形金型の使用状況の追跡により、稼働率の最適化を確実なものにします。

ドキュメントの自動生成

図面番号、最新メンテナンス時期、寿命など、金型はそれぞれ一意的に識別されます。そして、それらのデータはRFID ハンドヘルドや NFC 対応スマートフォンなどによりいつでも呼び出すことができます。

これにより、金型の誤った割当てや成形ミスは過去のものになります。ショット回数もカウントされるので、金型の状態に応じたメンテナンスが可能になります。

高効率

金型の状態に応じたメンテナンスは金型の寿命を向上させ、信頼おける操業をサポートします。このことにより、システムの生産性と、効率性が向上します。

レトロフィット

Mold-ID は自立したシステムです。そのため、メーカーおよび機械の年式に関係なく後付け可能です。

お問い合わせ

ご質問がございましたらお問い合わせください: info.jp@balluff.jp

Mold-ID システムのソフトウェアインターフェース。標準的なウェブブラウザを介してアクセスします。

お手伝いが必要ですか?

全てのお問い合わせについてはこちらからご連絡ください。