90 年以上にわたって成功を収めてきた歴史の出発点は自転車、バイク、ミシンでした。

Gebhard Balluff
1921

Gebhard Balluff がノイハウゼンに自転車・バイク・ミシンの修理工場を創設。ここから精密部品、回転部品、切削製品の工場が発展した。

Eduard Hermle
1940

Gebhard Balluff が娘婿の Eduard Hermle に経営を譲渡

精密機械製品工場
1947

Balluff は精密機械製品の工場となり、特にターンバックル(DIN L 85 準拠)とスプリングワインダを製造

Balluff シュペッツレプレス
1952

Balluff はシュペッツレプレスを製造品目に追加

Balluff はスイングアーム、ステアリングナックル、ギヤシフトレバーを製造
1954/55

Balluff は自動車産業向けにスイングアーム、ステアリングナックル、ギヤシフトレバー、エンジン部品を製造

電気機械式ロータリーカムスイッチ BSW
1964

電気機械式ロータリーカムスイッチ BSW の生産開始

誘導型近接スイッチ BES
1968

誘導型近接スイッチ BES の生産開始:最初の非接触センサであり、機械製造における制御技術に大きな進歩を画するとともに Balluff が世界の指導的地位を占める契機となった。

最初の国外子会社 Balluff オーストリア
1971

最初の国外子会社として Balluff オーストリアをウィーンに設立。販売網の国際的拡大の第一歩

ノイハウゼン工場を増設
1976

ノイハウゼン・アウフ・デン・フィルダーンの工場を増設開発、製造および管理部門を収容する近代的な大型建物を建設

光電センサ BOS
1978

光電センサ BOS の生産開始:Balluff のセンサの検知距離を拡大、非金属素材の認識も可能に

1980

アジア最初の現地製造・販売拠点として子会社 Nihon Balluff Japan を創立

1981/83

顧客サポート改善および戦略的市場開発のため北米とブラジルに支社を設立

1983

産業用 RFID システム BIS の生産開始:データキャリア(タグ)、リード/ライトヘッド(アンテナ)、RFID プロセッサの組み合わせ

1984

Micropulse リニアスケール BTL の生産開始:Balluff 初の非接触・無摩耗のリニア測定装置 現在の豊富な距離測定用製品ラインナップの発端

1986

磁気センサ BMF の生産開始:磁気センサ領域での能力拡大

1987

Transsonar リニアスケールの生産開始:Micropulse リニアスケール BTL の発展型

1989

ハンガリーに子会社 Balluff Elektronika KFT を設立世界的生産ネットワークの拡張

1996

Balluff の創立 75 周年国際的企業に成長し、支社をスイス、イタリア、チェコに、販売会社をシンガポール、中国に設置

2000

ノイハウゼンに新しく物流センタと近代化された工場を開設Super Shorties BES の生産開始:小型センサ分野での能力拡大

2004

磁気誘導型位置センサ BIL/BIP および磁気リニア/ロータリーエンコーダシステム BML の生産開始:高精度な測定原理による距離測定用製品ラインナップの拡充

2006

産業用ネットワーキングとコネクティビティ IO-Link により製品群を垂直拡張:システムおよびソリューションの提供者を目指して更に発展売上の大きい分野のアクセサリが増加

2007

中国に新しい生産拠点を設け、中国、韓国、台湾、日本を重点としてアジア市場での地位を強化中国支社の従業員は現在 150 人

2010

世代交代:Rolf Hermle が経営を子女 Katrin Stegmaier-Hermle および Florian Hermle、ならびに技術担当取締役 Michael Unger に委譲

2012

SmartLights BNI の生産開始:高精度磁気リニア位置および角度測定システムの能力を拡大

2014

Balluff STM を Balluff グループに統合特殊光センサおよび小型光センサシステムの能力を拡大

2015

オーストラリアとニュージーランドに直営販売組織を設立Balluff はその全製品により Industrie 4.0 の先導者としての地位を確保

2016

トルコ、韓国、タイに新たな支社を設立