スピンドル、チャック、回転テーブル、旋回テーブル
主軸、チャック、回転テーブル、旋回テーブル

機械メーカーとしてリードするために

 

工作機械メーカーの中で先頭に立つのは、サイズの大小においても機能性においてもお客様のニーズに最もよく応えるメーカーです。

 

回転構造を持つアプリケーションへ従来の方法で対応することはますます難しくなってきました。限られたスペースの確保と回転軸のアクセスのため、サイズや重量、形状を十分考慮しなければなりません。スピンドルやチャックの監視によって、最適なクランプや保持したモノの正確な測定が可能です。継続的に回転する回転テーブルはケーブルや接続機器のトラブルの原因となりえます。回転軸を通してコントローラへ自動化をもたらすソリューションは、産業を経て自動化を革新していきます。

アプリケーション例

誘導型近接センサを使用したクランプ位置の監視
距離センサによるツールのクランプ位置の監視
クランプ位置検出センサによるクランプ位置の監視
回転テーブルに信号とデータを伝送
回転テーブルの位置決め
クランプシリンダのピストン位置検出