工具の識別
ツールのコーディング

産業用 RFIDを使用した自動での工具識別

RFID により、適切なタイミングと場所で適切なデータを収集できます。

工具番号や工具径、工具長、加工回数など、工具のパラメータをCNCコントローラに送ることにより、最適な工具の活用と装置の稼働時間向上を実現できます。工具の寿命監視と資産管理のコンセプトを追加することにより、ダウンタイムや工具の選択間違い、紛失、劣化した工具の使用は過去のものとなります。

ツールID ソリューションは工具から直接現在のデータを読取り、すべてのデータをドキュメント化することによって、将来の使用に活用できる予兆情報を提供します。また、生産プロセスの品質と効率を高め、コストを抑えることができます。

産業用 RFID により、常に適切なタイミングと場所で適切なデータを収集できます。この技術でIndustry4.0の優位な立ち位置を確立しましょう。

アプリケーション例

工具の計測
工具データのドキュメント化
CNC コントローラとの通信
データマップの整理