Mold-ID
Mold-ID を用いたドキュメントの自動生成により、射出成形金型を最適に使用できます。

最大の稼働率を達成するための自動データ入手

金型の検査とメンテナンスは、多くの場合、製造された部品が要求される品質基準をクリアしなくなった時点で実施されます。Balluff 独自のMold-ID システムは、金型の状態に応じたメンテナンスを保証し、面倒で間違いの起こりやすい金型記録が不要となります。図面番号、射出回数、前回のメンテナンス、使用期間などすべての関連データが自動的に金型に保存され、いつでも呼び出すことができるからです。その結果、射出成形金型の最大の稼働率が保証されます。場所やメーカーに関係なく、すべての機械に個別に後付けすることができます。

アプリケーション例

金型の最適な使用