リニアおよび回転ドライブへの統合
リニアおよび回転ドライブ

個別のニーズに対応する高精度なシステム

駆動部をコンパクトにするには、センサを組み込むことが不可欠です。リニア/回転ドライブに直に組み込むには、これまでにない小型デザインの磁気リニア/ロータリーエンコーダシステム BML が適しています。その高い分解能(17 ビット)により正確な位置決めが可能です。また、汚れや付着物に強く、高い作動信頼性を提供します。均質な磁界が機能信頼性を保証し、ヒステリシスを低減し、リニアリティ偏差を最小限に抑えます。センサは非接触型で、5 mm 以下のクリアランスを維持して測定スケール上を移動し、位置信号をアブソリュート方式または増分方式で出力します。測定スケールの帯域幅が広いので、お客様のアプリケーションに高い柔軟性で対応します。さらに、多様なインタフェース(SSI、BISS-C、SIN/COS、ABZ)からの選択が可能です。

アプリケーション例

リニア/回転ドライブ向けのカスタム仕様のフィードバックソリューション
リアルタイムのアブソリュート方式モータフィードバック
回転/旋回ドライブ向けの高精度の位置フィードバック