連続鋳造ライン
連続鋳造ラインの様々なフォーマットに対応する最大限の柔軟性

様々なフォーマットに対応する卓越した柔軟性

連続鋳造ラインでは、導入技術に対して高い要求が課せられます。第一に、大きな力、振動、衝撃を制御できることが求められます。

具体的には、均質な液体金属用の鋳型移動の場合や正確なスラブおよびビレット搬送用のリフトビームで必要とされます。その一方で、最高の鉄鋼品質を得るためには、角度、温度、タイミングに応じて鋳造セグメントを柔軟に変更できなければなりません。

つまり、連続鋳造ラインに導入される技術には、最大限の柔軟性と最高の信頼性が要求されます。 Balluff のセンサおよびシステムは安全性を提供し、様々な製品フォーマットに対応して連続的プロセスを保証します。

アプリケーション例

最高度の安全性で取鍋を監視
ダミーバーの位置検出
迅速で漏れのないセンサ交換
スラブの長さのチェック
圧延間隙を正確にセット