金属加工

金属加工

金属加工

最適なソリューションを提供する完全パッケージ

Balluff は金属加工の全領域に対応した、完璧なセンサおよび接続技術を提供します。例えば旋削やフライス加工、パンチング加工やプレス作業、ツール識別、ハンドリング、搬送、プロセス監視に対応します。工作機械メーカーの様々な要求に最適なソリューションを提供します。当社の製品ラインナップは、革新的な金属加工企業との長期的なパートナーシップの下で開発され、その実力は実証済みです。実際のアプリケーション例で当社の広範囲にわたる実績をご覧ください。

ワークピースおよびツール締付けの監視

ワークピースおよびツール締付けの監視

ワークピースが旋盤用チャックに確実に取り付けられている場合のみ、同じ品質レベルで正しい加工が可能です。スイッチング出力付きセンサの他に、連続的な出力信号を用いる誘導型ポジショニングシステム BIP が、この課題を引き受けることが多くなってきています。同じくリニア位置測定システムが、クランプ機構の回転時にもツール締付けを高い信頼性で監視します。ここではセンサの横を通過する金属カムの位置が検出されます。当社の豊富な測定システムは – わずか数ミリの長さから 130 mm まで – 様々な寸法で最高の精度を保証します。

マガジンでのツール識別

産業用 RFID システム BIS C(低周波数)または BIS M(高周波数)は、フライス盤およびマシニングセンタでの CNC 制御が常に正しいツールデータ(数、直径、長さ、カット数、…)を使用できるように機能します。これらのパラメータは信頼性の高い識別と伝送を実現し、最適化された高品質のツール資産管理(ダウンタイム監視を含む)の基礎も形成します。

マガジンでのツール識別

油圧式プレスの制御

油圧式プレスの制御

油圧式プレス(長いストローク、少ないストローク数)は全ストローク長にわたって公称値の力を発揮します。磁歪式リニアスケール BTL が位置監視を行い、プレスの可動部にはポジショントランスデューサが、また固定部にはストローク測定エレメント付きロッドが取り付けられています。発生する機械的な衝撃に影響を受けにくく、高い測定値精度および測定値更新速度が最適な機械稼働率を実現します。

ポータルローダでの終端位置検出

誘導型センサ BES により、ポータルロードシステムの終端位置を検出することができます。これに必要な作業は、希望の位置に金属のスイッチングフラグを取り付けるだけです。コントローラに正しいスイッチング信号を伝えるために、スイッチングフラグが摩耗劣化のない非接触型センサによって検出されます。

ポータルローダでの終端位置検出

プロセス液体および充填レベルを切替え式で、または連続的に検出

プロセス液体および充填レベルを切替え式で、または連続的に検出

超音波センサ BUS は、仕様に応じて、スイッチング信号でサポートされる 2 点制御または恒常的な充填レベル制御に使用することができます。これにより、お客様は監視方式の選択の際に最大限の柔軟性を得られます。