品質管理
品質管理

製造工程における不良品製造の防止

メーカへの品質要求は以前から高いものですが、さらなる品質向上が求められています。高品質の製品を製造するだけではもはや十分ではありません。高品質の製品をジャストインタイムで提供すること、特にサブコンポーネントを正しい順序で供給することが期待されています。さらに、製品を追跡可能とすることで、製造が全ての関係者に透明でなければなりません。

どの製造工程でも品質は常に重要な基本事項であるので、プロセスを常に改善し、全ての関係者が工程の初期段階で品質管理に貢献できるようにする必要があります。

工程に不良品防止ソリューションを組み込むことにより、トレーサビリティを確保できます。このようなポカヨケソリューションは Balluff のセンサにより実現できます。また、変更要求に対して迅速な調整が行えるようにする事前措置も必要です。

Balluff のポカヨケは、問題箇所の識別、不良品識別システムの実装、ズレの管理により高い品質を維持します。

ポカヨケプロセス

ポカヨケプロセス

製造工程中の適切な不良品管理により、品質管理を最適化

> さらに詳しく
センサベースの検出

センサベースの検出

物体検知と位置、色、素材の比較

> さらに詳しく
IO-Link によるシステムアーキテクチャ

IO-Link によるシステムアーキテクチャ

簡素で柔軟なネットワークトポロジーがポカヨケソリューションの実装をサポート

> さらに詳しく
RFID による組立て工程の透明性の確保

RFID による組立て工程の透明性の確保

RFID が柔軟な製造システムのトレーサビリティを確保

> さらに詳しく