48 m までのダイレクトドライブ用の最適な位置フィードバック

ストローク 10 ~ 48000 mm 用の複数のロータに対応するアブソリュートシステム

ソリューション

機械製造およびオートメーション化技術においては、ドライブレスのリニアダイレクトドライブが従来型のシステムに素早く取って代わりつつあります。サーボ軸の位置フィードバックには、より大きなストローク用として複数のロータに対応するアブソリュート方式の高精度磁気リニア/ロータリーエンコーダシステムが必要です。Balluff の新しい、複数のロータに対応するアブソリュート方式リニア位置測定システム BML-G はリニアダイレクトドライブに最適なソリューションです。10 ~ 48000 mm のストロークに対応する、高精度のアブソリュート方式の信号が使用されます。これにより効率が向上し、部品の多様化と設計コストが抑えられます。

特長

  • アブソリュート方式測定信号により、原点復帰が不要
  • 測定スケールは 48 m まで
  • 診断機能により、最適な稼働率と信頼性の高い動作
  • 複数のロータ位置の同時測定による、システムコストの削減
  • センサと測定スケール間の大きなクリアランスにより、組付けが簡単で作動信頼性が向上
48 m までのダイレクトドライブ用の位置フィードバック
最適な製品を探す ダウンロード

インダストリーチーム

ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。