誘導型近接センサを使用したクランプ位置の監視

非接触でクランプを監視する誘導型センサ

ソリューション

工具は基本的にテーパー形状部で保持されます。3つの誘導型近接センサ BESによって、非接触かつ摩耗なしで3つの状態(クランプ、アンクランプ、工具なしでのクランプ)を確認できます。 センサは互いに定められた間隔で設置しなければならないため、クランプ距離の監視はストロークが大きい場合に限られます。

特長

  • 3 つの状態を確認(クランプ、アンクランプ、工具なしでのクランプ)
  • 非接触型のため摩耗劣化がない
  • 比較的大きなストロークに最適
金属加工、バイナリセンサによるツールのクランプストロークの監視
最適な製品を探す ダウンロード

インダストリーチーム

ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。