フライス加工
フライス加工

高レベルの自動化による直方体のワークのスムーズな加工

フライス加工機やマシニングセンタは、その柔軟性ゆえに工作機械 で最もよく使用されています。その種類はシンプルな3軸システムか ら複雑な多軸マシニングセンタ、さらに、フライス加工機とレーザー 加工機を統合したハイブリッド機にまで及びます。直方体のワークを 高い品質で加工するには、正確な着座と高速で精密な工具の誘導が 必要です。この条件は測定システムの制御にとって挑戦となります。 自動化の範囲が拡大し続けているため、部品の大量生産のため同期 して動く機械がますます使用されてきています。

アプリケーション例

  • ツールクランプの監視

    誘導型位置測定システムおよび圧力センサによるツールクランプとセンサシグナルのチェック

    ソリューション

    クランプ位置検出センサBIPはツールを正確に保持しているかを検知します。

    (クランプ、アンクランプ、空クランプ):
    圧力センサBSPと組み合わせて使用することにより、油圧クランプシステム内のセンサシグナルの冗長化が可能になります。

    特長

    • ツールクランプに関する重要な情報すべてを把握
    • 圧力センサ BSP との組み合わせ:センサシグナルの冗長化が可能
    金属加工、ツール締付けの点検
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。

  • 分散型設置

    簡単、低コスト、柔軟、Industry 4.0 に対応

    ソリューション

    従来の配線に比べて、リモートI/Oは装置の制御の立上げをシンプルかつコストパフォーマンスに優れたものへ大幅に改善させます。標準的な全てのフィールドバスに対応しているため、多くのコントローラーのタイプであっても同じ接続トポロジーで使用できます。更に、IO-Linkよって、Industry 4.0で必要とされるプロセスデータやパラメータデータ、診断情報の双方向通信が可能となります。

    特長

    • 従来の配線に比べて簡単で、費用対効果が高い
    • 同一の接続トポロジーで様々な制御を実現可能
    • Industry 4.0 に完璧に対応
    金属加工、機械コントローラの試運転
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。

  • 終端位置の監視

    稼働軸の確実な監視

    ソリューション

    稼働軸の監視が必要となる場合、2つの方法があります:従来のように、並列接続されたNC型スイッチ搭載の機械式リミットスイッチ BNSを使用する方法と、非接触の誘導型近接センサ BESを用いる方法です。磁気エンコーダシステム BMLを用いる多くの場合、センサ信号は原点復帰の用途として使用できます。

    特長

    • 稼働軸従来方式または非接触方式で監視
    • インクリメンタルの場合、センサ信号を原点復帰用に使用
    金属加工、機械コントローラの試運転
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。

  • C 軸の回転角検出

    磁気リニア/ロータリーエンコーダシステムによる回転角の正確な検出

    ソリューション

    Z軸に沿った回転を決めるため、回転軸角度 (A-, B-, C-)を主軸 (X-,Y-,Z-)に加えられることが多くなってきています。磁気エンコーダシステム BMLを用いれば、回転角度の高精度な検知が可能です。その測定原理によって、軸の中央部に隙間を持たせることができ、それによってクーラントや電源コード・ケーブルなどを通すスペースができます。

    特長

    • 回転角度の高精度の検知
    • 軸の中央部に隙間 – クーラントや電源コード・ケーブルなどを通すスペースに
    金属加工、機械コントローラの試運転
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。

  • マガジン内の工具の識別

    最適な工具の資産管理の基盤として確実なデータ識別と伝送

    ソリューション

    産業用RFIDシステムのLF(低周波帯)で動作するBIS CまたはHF(高周波数帯)で動作するBIS Mによって、フライス加工機やマシニングセンタのCNCコントローラは常に正しい工具の情報(番号、直径、長さ、カットの数等)を取得できます。信頼ある識別と伝送されたこれらのパラメータは、耐用年数の監視を含む、高品質なツールの資産管理の基盤ともなります。

    特長

    • CNC コントローラ用の正しい工具のデータ
    • LF(低周波帯)またはHF(高周波数帯)システム
    • 工具の資産管理(ダウンタイムの監視を含む)を実現可能
    金属加工、最適化されたツール資産管理
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。

  • ワークの照合と追跡

    RFID 搭載のHF(高周波)システムにより、セットアップ時間が事実上ゼロで連続生産が可能

    ソリューション

    外部で自動的にロードとアンロードをするパレットシステムは内部でのセットアップ時間を事実上、ゼロとします。このことにより、機械を止めることなく製造を続けることができます。13.56MHzのHF帯を使用するBIS Mのシステムは信頼ある照合と追跡が当たり前となる礎を築きあげます。2つの面に検出面があるコーナータグやパレットやワークへ直接取り付けられるデータボルトの読取り/書込みが可能です。

    特長

    • セットアップ時間が事実上ゼロ –連続生産が可能
    • RFID による確実な照合と追跡
    • 2つの面に検出面があるコーナータグやパレットやワークへ直接取り付けられるデータボルトの読取り/書込み
    金属加工、最適化されたツール資産管理
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。