ツールのコーディング
ツールのコーディング

産業用 RFIDを使用した自動での工具識別

RFID により、適切なタイミングと場所で適切なデータを収集できます。

工具番号や工具径、工具長、加工回数など、工具のパラメータをCNCコントローラに送ることにより、最適な工具の活用と装置の稼働時間向上を実現できます。工具の寿命監視と資産管理のコンセプトを追加することにより、ダウンタイムや工具の選択間違い、紛失、劣化した工具の使用は過去のものとなります。

ツールID ソリューションは工具から直接現在のデータを読取り、すべてのデータをドキュメント化することによって、将来の使用に活用できる予兆情報を提供します。また、生産プロセスの品質と効率を高め、コストを抑えることができます。

産業用 RFID により、常に適切なタイミングと場所で適切なデータを収集できます。この技術でIndustry4.0の優位な立ち位置を確立しましょう。

アプリケーション例

  • 工具の計測

    RFID アンテナ搭載のツールプリセッタを使用した自動での工具認識

    ソリューション

    自動的に工具番号を読取るRFIDアンテナを搭載したツールプリセッタはどの工具が挿入されたを認識します。そして、現在の工具の計測値をツールホルダに埋め込まれたRFIDタグへ書き込みます。

    特長

    • 工具を自動で認識
    • 現在の工具の計測値をツールホルダの RFID タグに書き込む
    金属加工、ツールの設定
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。

  • 工具データのドキュメント化

    RFID タグのパラメータにより工具をいつでも使用可能

    ソリューション

    ツールホルダの RFIDタグにすべてのパラメータを記録することはとても重要です。長期間工具を使用しない場合、データを損失することなく保管することができるからです。必要なときに工具をすぐに使用することができます。

    特長

    • すべてのパラメータの明確な記録
    • データが失われない
    • 現在使用していない工具もすぐに使用可能
    金属加工、ツールデータの記録
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。

  • CNC コントローラとの通信

    工具データをリアルタイムでコントローラに伝送

    ソリューション

    スピンドルへ工具が搭載されるとき、またはその前に、タグ内にある工具の現在のデータを読み出します。逆に、工具がポッドやマガジンにいるときにもデータを読むことは可能です。

    どちらの場合でも、CNCコントローラは工具の現在のデータをリアルタイムに取得することができます。

    特長

    • 工具をスピンドルに搭載する際やポッドやマガジンに入れる際に工具のパラメータを読み出す
    • 工具データをリアルタイムで CNC コントローラに伝送
    金属加工、CNC コントローラへの情報伝達
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    ご質問やコンサルティングのご要望はありませんか?当社のインダストリーチームではお問い合わせをお待ちしております。

  • データマップの整理

    お客様のニーズに対応した Balluff のデータマッピング

    ソリューション

    RFIDタグへデータを分散して保持する場合の利点は、工具のパラメータが、中央のサーバーから継続的に独立して存在することです。ユーザーは自身の特定の要件に応じたデータの範囲を定義することができます。また、重要なのはデータマッピングと呼ばれるメモリアドレスの構成をプリセッタや在庫管理、工作機械の間ですり合わせさせることができるということです。

    メーカーによって異なるデータマッピングが存在します。必要であれば Balluff のデータマッピングも使用できます。

    金属加工、データマッピングの構成
    最適な製品を探す ダウンロード

    インダストリーチーム

    詳しくは Balluff にお問い合わせください。