トレーサビリティ
トレーサビリティ

スマートファクトリーに必要な透明性

効率的な生産が求められるに連れ、トレーサビリティの重要性を日々増加しています。トレーサビリティは透明性を生み出し、プロセスを自身で制御する未来の工場には必要不可欠です。

トレーサビリティとは、プロセスチェーンの全行程を記録することで、追跡を可能にすることです。これはRFIDによって実現できます。すべての製造部品の生産履歴とすべての材料、使用された機器が時間と場所、プロセスと紐付けられ自動的に記録されます。

この透明性によりリーン生産方式が実現し、優れた生産品質とラインがプロセスを自己制御できるようになります。Baluffは30年以上のRFIDの経験から得た専門知識で、導入に関する包括的なノウハウを提供します。

アプリケーション事例

トレーサビリティのアプリケーション

(1)単体で LF / HF / UHFの通信ができるマルチバンド対応のRIFDプロセッサ

Balluffの堅牢なRFIDプロセッサ BIS Vは高速データ通信により、すべてのアプリケーションでタクトの向上とデータの安全性の確保を実現します。さらにこのプロセッサは、単体でLF / HF / UHFの異なるRFIDの通信周波数を同時に使用できます。つまり、たった1種類のRFIDプロセッサで、お客様が必要とするあらゆるアプリケーションにすべて対応できるということです。お客様が携わる産業に関わらず、この高機能なRFIDプロセッサは完璧なEMCノイズ耐性を誇り、世界中で一般的に使用されている、あらゆるフィールドバス/ネットワークに対応したラインナップを用意しています。

(2) センサデータの集約とネットワーク構造の簡素化

4つのアンテナポートを備えるBIS Vは、最大4つのアンテナを接続でき、それぞれのアンテナに対するパラメータ設定と同時処理を行うことが可能です。さらに、搭載されたIO-LinkマスタポートにはIO-Link対応の様々なデバイスや、最大16個のセンサを集約できるセンサハブを接続できます。そのため、どのフィールドバス/ネットワークを使用していてもセンサ情報を簡単に集約できます。これにより、ネットワーク構成が合理的になり、それに関する時間とコストを節約することができます。