ポカヨケプロセス
ポカヨケプロセス

ポカヨケとは

すでに製造ラインの開発段階で、考えられるウィークポイントが排除されます。それでも稼働中には予期せぬ問題が発生することが多々あります。これらを識別し、検出方法を実装し、そのチェック方法を開発する必要があります。

高い品質基準の維持は最適な生産の前提条件です。Balluff のポカヨケによる適切な不良品管理により、プロセス実行中であっても品質が保証されます。

透明性のある生産を行うことで、各ステップは追跡可能となります。典型的なウィークポイントは早期に識別し、対策を講じることができます。これにより生産安全性が高められ、迅速な修正処置と、要求の変更に直面したときの素早い調整が可能になります。

これに必要な透明性と柔軟性は、Balluff のセンサシステムにより保証されます。

ステップ 1 とステップ 2:識別と検知

  • 問題箇所の識別

    ポカヨケチェックによる品質基準の維持

    典型的なウィークポイント

    典型的な不良の原因として、部品の欠落および誤った部品、不十分な色の評価、誤った取付け手順やマニュアルによるデータ入力や装置の設定が挙げられます。

    その他の問題箇所

    ネジ山は、製造時に頻繁に発生する問題です。ネジ、ボルト、ネジ穴で、ネジ山が切られていなかったり、不完全であったりする問題が生じることがあります。

    規定トルクに合ったネジや締付け順序を確認することも非常に大変な作業です。電気式トルクコントロールは正しい方向へ導く一歩ではありますが、問題を防ぐことはできません。トルク工具の位置決めは効果的であることが証明されています。

    手動によるマーキングや書込みが行われる箇所でもエラーが発生することがあります。そのようなエラーは簡単なトレーサビリティシステムにより防ぐことができます。

    ソリューション

    不良品防止には次のことが重要です。手動で実行された製造ステップでは、いずれもエラーが生じる可能性があります。これには、全ての組立てプロセスと機械調整が含まれます。これらの領域では、総合的品質管理(TQM)などの適切な品質基準が満たされていることを評価によって確認する必要があります。各組立てプロセスに対しては、通常少なくとも 2 つのポカヨケチェックを行う必要があります。

    特長

    • ポカヨケチェックによる適切な品質基準の維持
    • 典型的なエラーを防止する簡単なトレーサビリティシステム
    自動車のシートの傾きの光学チェックと調整

    このアプリケーションでは、自動車のシートの傾きが調整され、光学チェックが行われます。

  • 不良品識別システムの実装

    不良品防止のため、センサと画像認識システムによる工程のチェック

    Balluff のセンサと画像認識システムは、全ての工程が正常に処理されているかを点検します。これに基づき、エラーを防止することができます。

    パッシブおよびアクティブなエラー防止

    生産時のエラーを防ぐには 2 つの方法があります。パッシブなエラー防止とアクティブなエラー防止です。

    パッシブなエラー防止は機械的なコーディングにより行われ、プロセスが間違って実行されることを防ぎます。これは非常に効果的で、経済的です。

    アクティブなエラー防止ではセンサと画像認識システムにより、工程が正常に処理されているかがチェックされます。アクティブな方式はより柔軟性が高く、パッシブな処置より多くのデータを提供することができます。これらの方法は追跡に簡単に組み込むことも可能です。アクティブなエラー防止の実装には、ディスクリート/アナログのセンサ、カラーセンサ、またはビジョンベースシステムが使用されます。

    センサの実装

    センサは、ディスクリート(はい/いいえ)またはアナログ(測定)仕様の標準化された出力を使用します。どのバリエーションを使用するかは、それぞれの課題に応じて決まります。
    各出力は任意に処理することができます。そのため、例えば単純な警告ランプや測定器具を制御したり、あるいは不良品廃棄や後加工用の排除機能を制御することも可能です。

    画像認識システムの実装

    画像認識システムは、従来のセンサでは限界がある場合に使用します。この場合、画像認識システムとVision センサを区別する必要があります。

    Balluff のVision センサ BVS などのVision センサ はエラー防止に優れています。これらは簡素で、経済的で、柔軟です。

    画像認識システムはロボット制御、画像解析、画像把握、画像保存などの複雑なプロセスで実力を発揮します。

    不良品識別システムの実装

    パッシブなエラー防止とアクティブなエラー防止の比較