センサベースの検出
センサベースの検出

センサベース検出のあらゆる分野に対応するセンサ

不良品防止にはセンサベースの検出法をご利用ください。
Balluff の製品ラインナップには、物体検知センサ、リニア位置センサや測長用センサ、さらに光電センサが含まれています。

不良品防止にはセンサベースの検出法をご利用ください。Balluff の製品ラインナップには、物体検知センサ、リニア位置センサや測長用センサ、さらに光電センサが含まれています。Balluff の物体検知センサは、物体が存在するかどうかを高い信頼性でチェックします。センサは「はい/いいえ」形式で結果を伝えます。これらは簡素で効果的であり、多くのアプリケーションに対応します。チェックすべき物体がしっかりと固定されている場合は、この検査方法が最適です。

物体を検査してその位置をチェックする必要がある場合には、リニア位置センサや測長用センサが使用されます。

Balluff の光電センサは、チェックする対象物の適切な色と正しい素材を検出します。

不良品防止ソリューション

  • ジャストインシーケンスのためのトレーサビリティの確保

    簡単に統合可能なソリューションがエラーのないシーケンス制御を保証

    ジャストインシーケンス(JIS)はジャストインタイム(JIT)マテリアルフローの発展形です。JIS は柔軟な製造の組立てラインにおける標準であり、正しい組立て部品を正しい時に正しい順序で供給します。
    その順序は組立てプロセスで調整されるので、 適切なコンポーネントが自動的に正しく配置されます。

    さらに、トレーサビリティ、すなわち各製造段階を追跡可能とすることによって、製品が正しい順序で確実に納入されます。RFID とマルチバーコードスキャナの組合せにより、製品が簡単に検知・監視されるからです。

    このソリューションは既存のプロセスに容易に組み込むことができ、エラーのないシーケンス制御を保証します。

    特長

    • ジャストインシーケンスのマテリアルフロー
    • RFID とマルチバーコードスキャナの組合せにより、製品のジャストインシーケンス納品
    • 既存のプロセスに簡単に統合可能
    • エラーのないシーケンス制御
    ジャストインシーケンスのためのトレーサビリティの確保

    RFID とマルチバーコードスキャナの組合せにより、製品のジャストインシーケンス納品を保証します。

  • RFID システムによりズレを管理

    3 つの方法によりズレを解消

    トレーサビリティは柔軟な製造に欠かせない構成要素です。製造された各部品は追跡および識別することができます。そのため、仕様データにはプロトタイプの標準データが全て記録されます。例えば色がダークブルーと記録されていれば、カラーセンサがこれを確認しなければなりません。こうしてカラーセンサまたは画像認識システムが、仕様データ内容との一致を検証します。

    チェックした対象物と規定のプロトタイプの間にズレがある場合は、次の 3 つの方法のいずれかによってズレに対処することができます。これらの方法を実行するには RFID システムを使用します。

    不良品廃棄

    不良品廃棄では、該当する部品を破壊するか、下流側のプロセスで使用できないようにマークを付けることができます。トレーサビリティにより、不良品廃棄された部品を製造プロセスから簡単に分離できます。

    新しい等級設定

    特定のケースで、仕様に一致していない製品/部分的に一致している製品を、例えば B 級製品として新たに等級設定することもできます。

    後加工

    後加工の場合は、該当する部品をその場でただちに修正するために、製造を停止することができます。ただしこれは工場全体に不利益をもたらすことがあるので、後加工の範囲をきちんと決めておくことが得策です。組立てラインで製品が様々な組立てプロセスを経る場合には、これが一般的です。エラーが検知された場合は、下流側のプロセスを回避し、修理工に正確なエラー記述を提示することができます。修正後、後加工された部品はトレーサビリティデータにより製造プロセスに戻すことができます。すでに実行されたステップはスキップされます。

    特長

    • 規定のプロトタイプからのズレに効果的に対応
    • ズレに対処する 3 つの方法
    RFID システムによりズレを管理

    柔軟な生産におけるトレーサビリティ

  • True Color センサによる色プロセスの管理

    正しい色割当てによりプロセスを最適化

    生産ラインにおける頻繁な色変更は、柔軟な生産では普通のことです。オペレータにとって、限られた時間で色を正しく割り当てることは難しい作業です。そこで、ポカヨケの重要な成功要因の 1 つとして Balluff の True Color センサが加わりました。この信頼性の高いセンサは操作が簡単で、様々な色と色調を認識することができます。

    プロセスの正しい進行のために、True Color センサは納品準備段階および納品後のコンポーネントを検証します。複数の色の組合わせが必要な場合には、センサが様々なコンポーネントの様々な色を比較し、一致するものがあれば表示します。

    特長

    • 色の正しい割当て
    • 操作が簡単で、信頼性の高い True Color センサ
    • 様々な色や色調を認識
    • 納品準備時および納品後のコンポーネントの検証
    色プロセスの管理

    True Color センサによる色プロセスの管理

  • Vision センサによる複雑な監視アプリケーション

    不良品防止のための完璧なツール

    多くの生産の場で使用される画像認識システムは大型サイズとなっており、 非常に高価で複雑な上、機能も多すぎます。これに対し、Balluff のVision センサ BVS は取付けが簡単で、操作も極めて容易です。さらに、お客様の投資が早期に回収されます。

    複数の各種センサに代わる 1 個のセンサ

    Vision センサ BVS は、ほとんど全ての製造分野で不良品防止に使用される高性能のツールです。Vision センサは高い信頼性で、部品の有無や特徴を検知し、位置と寸法をチェックします。また信頼性の高いバーコードチェックを実現します。
    Vision センサ BVS は広範囲にわたる機能により、多くのケースで様々なセンサの役割を引き受けます。これにより、Vision センサはこのクラスの他のセンサを凌駕しています。

    製品品質の向上

    Vision センサ BVS を使用することで、信用性の低い手動検査が不要になります。Vision センサは 100% の品質チェック機能とそのチェックに必要な分解能を備えているため、そのような検査に取って代わります。

    コスト削減

    豊富なセンサ機能を備えているので、面倒な複数のセンサによるソリューションが必要ありません。そのためコストも抑えられます。Balluff のVision センサ BVS は優れたコストパフォーマンスを提供します。複数の能力レベルと簡単操作の独自のソフトウェアパッケージを備えた 4 つのモデルの中からお選びいただけます。段取り時間の短縮と準備コストの削減が可能です。

    生産性の向上

    Vision センサ BVS の自動チェックは工程におけるエラーを防止し、生産スピードを上げます。優れた分解能は高い信頼性を保証し、 コードの読取りミスが最小限に減ります。
    早期の不良品識別は予定外のダウンタイムを低減させ、不良品を減らします。 また、機能と柔軟性の向上により、計画的なダウンタイムも短縮されます。

    複雑な監視アプリケーション

    Vision センサによる複雑な監視アプリケーション