IO-Link によるシステムアーキテクチャ
IO-Link によるシステムアーキテクチャ

継続的なプロセス向上のための基礎としての IO-Link

ほとんどのシステムは最初のうちはその目的を全面的に果たしていますが、 実際の能力レベルは、ある程度の時間が経過してから明らかになります。ポカヨケにとって重要なのは、システムが簡単に拡張可能であるか、また増設が費用対効果に優れているかということです。
そのため構想・計画段階で、そのような要求基準に対応したネットワークアーキテクチャを選択する必要があります。

Balluff はこのネットワークおよびシステム技術をオープンな規格 IO-Link により提供します。
モジュラー式の拡張可能な技術はその他の機器のシームレスな組み込みを可能にします。また、不良品防止およびトレーサビリティソリューションの実装を、例えば RFID により実現します。これは継続的なプロセス向上にとって重要です。

一部の IO-Link ポートはオープンのままなので、将来的な拡張も簡単に、低コストで行うことができます。フィールドバスに左右されないことも利点のひとつです。
IO-Link は全ての一般的な制御プラットフォームに実装可能です。