Industrie 4.0 実現のためのセンサおよび識別システム
Industrie 4.0 実現のためのセンサおよび識別システム

工業オートメーションに役立つ、専門能力の集中活用

Industrie 4.0 のためには、必要なデータがすべてリアルタイムで利用できること、
それらのデータから常に最良の価値創造フローを導き出すことが不可欠です。

Balluff はこれらのデータの可用性を確保します。Balluff のセンサと識別システムは、データを取得・伝送・解釈し、上位システムへ伝送します。

Industrie 4.0 はインテリジェントな製造システムを要求します。Balluff はそのために必要な技術を提供します。様々な分野において、個別的なソリューションの構想・開発・実施を支援します。Balluff は工業オートメーションの信頼できるパートナーとして、お客様と共同でプロセスの効率と経済性を改善し、競争力を強化します。

Balluff は Industrie 4.0 の実現を支援します。

  • デジタルファクトリ用のリアルデータ

    インテリジェントな I4.0 センサにより、生産時の柔軟性と透明性を実現

    デジタルファクトリでは、システムモデルに関連リアルデータを蓄積し、それによりシステムおよび生産ステータスを明確にするために、センサを必要とします。新しい光電マルチファンクションセンサ BOS 21M ADCAP などのインテリジェントなセンサは、オートメーション化の「目と耳」として、発生した情報を収集して処理します。これらのセンサは実際の動作状況を検知し、単なるスイッチ信号よりもはるかに多くのデータを IO-Link を介して提供します。

    そのデータには耐用年数、負荷レベル、損傷検出に関する情報の他に、温度や汚れ、あるいは検出する対象物への位置合わせについてなどの環境情報も含まれます。これらの情報は、コンディションモニタリング機能や予兆保全などの基礎を形成します。

    検出された信号の評価と前処理がすでにセンサで行われるので、システム制御における複雑なプログラミングが不要となり、フィールドバスシステムにおけるデータ量を減らすことができます。

    BOS 21M ADCAP のセンサ原理は IO-Link を介して稼働時でも変更可能なので、稼働条件を変更してまったく異なる物体を検出することができます。これにより、経験の少ない作業員による操作や迅速なフォーマット変更も可能になります。またシステムや機械を従来よりもはるかに柔軟に使用できます。

    先進的な機能や特性を備えた BOS 21M ADCAP を使用することで、デジタルファクトリや Industrie 4.0 環境に対応したまったく新しい形のソリューションが得られます。

    光学式マルチファンクションセンサ BOS21M

  • パラメータ変更

    集中管理の圧力センサは、正確な測定結果を迅速に提供します。

    ワークピースとツールの確実な保持が保証されるように、圧力センサでクランプ圧を監視します。圧力センサはまた、冷却水・潤滑剤・作動油・圧縮空気などのプロセス媒体の監視にも適しています。

    IO Link 圧力センサはパラメータ設定が集中的に行われるため、直接アクセスする必要はありません。そのため、このセンサは監視対象箇所に直接設置することができます。測定技術的に最良で、機械設計上最適な位置を選べます。これにより設置の手間が省け、最高の機械稼働率が得られます。センサを交換する際も、プラグ&プレイ機能によって旧センサのデータが新センサに簡単に転送されます。

    特長

    • 圧力センサを中心的な位置に置くことにより、高精度の測定結果と最適な機械設計が可能
    • 設置が容易、プラグ&プレイ方式によりセンサ交換が簡単
    IO Link 圧力センサによるクランプ圧の監視

    IO Link 圧力センサによるクランプ圧の監視

  • ポカヨケによるトレーサビリティ

    トレーサビリティによる的確な不良品管理により、品質と生産性が向上します。

    ポカヨケにBalluff の適切なセンサシステムを用いれば、データを追跡できるので、プロセスの透明度が得られます。これにより的確な不良品管理が可能になります。

    RFID システムは各々のプロセスステップを完全に記録します。使用した部品、材料、副資材などすべての情報が自動的に記録され、かつリアルタイムで利用できます。これにより、典型的なウィークポイントを早期に発見し、対策を講じることが可能になります。

    生産はより安全・確実になり、修正処置を迅速に施すことができ、要求条件の変化にもいつでも対応できます。

    特長

    • データの確実なトレーサビリティ
    • プロセスステップに関するリアルタイムの情報
    ポカヨケによるトレーサビリティ

    RFID システムは各々のプロセスステップを完全に記録します。

  • リニアスケールによるフォーマット変更

    リアルタイム Ethernet による高度なダイナミクス制御

    リアルタイム Ethernet のインタフェースを持つ Balluff の磁歪式リニアスケール BTL には、機械製造に関して多くの利点があります。特に位置と速度について、高速で精密なアブソリュート方式測定が可能です。

    そのため、高度のダイナミクス制御と精度が要求されるどのような用途にも適合します。この測定システムのコントローラへの組込みとパラメータの変更は、明確なプロトコルにより簡単に短時間で行えます。

    特長

    • 非接触測定なので、摩耗劣化がない
    • リアルタイムで測定データを伝送・同期
    • 耐衝撃性・耐振動性
    リニアスケールによるフォーマット変更

    リニアスケールによるフォーマット変更

  • RFID によるレシピ変更

    柔軟なデータ通信によりコントローラの負荷が低減され、生産の自動化が促進されます。

    Balluff の RFID は、ワークピースに直結したデータメモリとして生産の自由度を増大させます。なぜならすべてのパラメータと製造ステップが記録され、集中制御の負担が軽くなるからです。

    生産の自動化:ワークピースまたはデータキャリアはマシンで直接登録するので、ニーズごとに対応することができます。

    特長

    • 柔軟で非接触型のデータ通信
    • 生産ラインの自動化
    RFID によるレシピ変更

    RFID によるレシピ変更

  • 高性能電源ユニットによるコンディションモニタリング

    ハートビート機能付き電源ユニットにより、設備の稼働率向上を図ることができます。

    要求度の高い工業オートメーションには、信頼性が高くクリーンな電源が不可欠です。機械設備を障害なく効率的に運転するために、Balluff は高性能の電源ユニットを提供しています。

    これらは特にオートメーションのために開発されたものです。ステータス表示とハートビート機能により、交換が必要な装置を直ちに検知します。これによりメンテナンス計画が改善され、稼働率も向上します。

    このことは、 さらに最適化を進められることを意味します。

    特長

    • 広範囲にわたる認証パッケージにより、グローバルに使用可能
    • 既存の制御パッケージに完全に統合可能
    • 産業環境における短絡および過負荷時のセキュリティ
    • 高い要求に応える電源配線
    高性能電源ユニットによるコンディションモニタリング

    高性能電源ユニットを使用したコンディションモニタリングにより、障害のない効率的な運転を実現

  • Mold-ID による予兆保全

    金型の取扱いの透明性を高めることで、状態に応じた予見的メンテナンスが可能に

    Balluff の Mold-ID は、たとえば射出成型機内での射出成型金型を精密に追跡することにより、金型の最適な使用を保証します。

    各々の金型が個別的に識別されるので、割当ての誤りや金型の設置忘れなどは過去のものとなりました。ショット回数の計数により、金型の予防的メンテナンスも可能になります。

    このようにして設備寿命の延長、運転の信頼性の向上、生産性の改善などの利点が得られます。同時に経済性も向上します。

    特長

    • 自立したシステムとして、マシンのメーカーや使用年数を問わず後付け可能
    Mold-ID による予兆保全

    Mold-ID による射出成型金型の正確な追跡

  • RFID による品質保証

    適切な時間、適切な場所、適切なデータ:品質の確保

    Balluff の RFID は品質保証の一環としての効率的な製造プロセスの設計に有用です。

    RFID システムはバリューチェーンで発生するすべてのデータを記録するからです。これらのデータはオペレータが利用することができます。そのため、たとえば特定の製造ラインまたはシフトからのワークピースのみを検査することができます。

    特長

    • 非接触型のデータ通信
    • 高性能でしかも低コスト
    RFID による品質保証

    RFID システムは品質管理の一環として製造プロセスを支援します。