充填レベル検知のためのソリューション
充填レベル検知のためのソリューション

個別のニーズに必要な個別のソリューション

ヨーグルトでも、ビールでも、錠剤でも、お任せください。様々な材料の充填レベルの検知は、製薬産業および食品・飲料産業における重要な課題です。材料や容器の種類に応じて、センサおよびシステムに様々な要件が生じます。ぜひ Balluff のコンポーネントをご利用ください。Balluff の ソリューションは多様性に富み、お客様の個別のニーズに完全に合わせて構成することができます。

Balluff のセンサはお客様のあらゆるニーズを満たします。充填レベルを連続的に監視し、常に現在の充填量に関する情報を得ていたいですか?まったく問題ありません。あるいは、充填レベルが最大位置または最低位置に達したかどうかが検知できれば十分でしょうか?そのようないわゆる限界レベル測定も、Balluff のセンサにお任せいただけます。お客様のニーズが何であれ、最適なソリューションをご用意します。

限界レベル測定

限界レベル測定については、容器の種類や素材に応じて様々な方法があります。透明な容器の場合、充填レベルは外側から検出することができます。不透明な非金属容器の場合でも非接触またはタンクの内側で媒体接触することにより、検出可能です。その場合には、静電容量センサまたは光電センサを使用します。

限界レベル測定のアプリケーション例

  • フォーク形光電センサにより、透明な容器壁を通して充填レベルを検出

    Balluff のフォーク形光電センサは、透明、色付き、または不透明な液体の充填レベルを透明な容器壁を通して測定可能です。その赤外光は、水分を 15 %以上含むすべての液体を検出します。容器壁上の薄い付着物は影響しません。そのため、フォーク形光電センサを用いれば、細い(直径 6 mm 以下)透明チューブ内における限界的な状況でも検出を行うことができます。

    特長

    • フォーク幅:30 mm および 80 mm
    • 接続:M8 コネクタ、3 ピン
    • 保護等級 IP67
    • NPN または PNP スイッチング出力(それぞれ常時閉、常時開の切り替えが可能)
    フォーク形光電センサによる液体検知アプリケーション

  • 静電容量センサが充填レベルを容器の外側から測定

    Balluff の静電容量型充填レベルセンサにとって、非金属の容器壁を通して容器やパイプ、またはタンクの充填レベルを検出することは、まったく問題ではありません。直接媒体に触れることなく非接触で液体や粉粒体の充填レベルを検出し、信頼のおける結果をもたらします。各種のバリエーションを豊富に取り揃えておりますので、様々なアプリケーションに適合します。たとえば非常にコンパクトでフラットなシリンダ形状や立方体形状またはディスク型で、耐圧仕様として、多様なコネクタおよびケーブルのバリエーションなど、様々なご用意があります。

    その他の利点:Balluff の静電容量センサは特許取得済の Balluff Smart Level 技術により、最大 10 mm 厚のガラス壁やプラスチック壁を通して、水分や泡、あるいはいかなる種類の残留物がある場合でも、常に確実に測定します。そのため、伝導性媒体における充填レベルの測定用に、Balluff のセンサは最適なソリューションです。さらに、これらのセンサはアプリケーションについて高い信頼性を保証します。

  • 静電容量型浸漬センサによる充填レベル制御

    食品やその他の傷みやすい製品を製造する場所で使用されるセンサは、衛生面および堅牢性について非常に高い要件を満たすことが必要とされます。これは、金属製タンク内での充填レベルの検知の場合にもあてはまります。Balluff の静電容量型浸漬センサ BCS は極めて優れた付着物補正機能を提供します。高伝導性媒体であっても、充填レベルを絶対的な確実さで検出します。

    特長

    • 高伝導性で流動性のある、付着力の強い食品の場合に最適
    • EHEDG 適合、FDA 承認(保護等級 IP69K)
    • プロセス中にティーチイン可能
    • 定置洗浄(CIP)および定置滅菌(SIP)

連続的な充填レベルの検知

連続的な充填レベルの検知用には様々な技術があり、アプリケーションおよびタスクに応じて使用されます。

アプリケーション例:連続的な充填レベルの検知

  • 静電容量センサヘッドが広範囲にわたって検出

    Balluff の貼付式静電容量センサヘッドは、特に容器壁やパイプ外壁で広範囲にわたり非接触で連続的に充填レベルを検知する場合に最適です。センサヘッドは柔軟性に優れ、個別にご希望の長さに合わせて短くすることができます。組み込まれている貼付け面により、追加のアクセサリなしで簡単に容器壁に取り付けることができます。

    別売のアンプを使用することにより、充填レベルをアナログまたは IO-Link 経由でも連続的に検出することができます。これにより、最低値を下回った場合や最高値を上回った場合に、センサを使用して直ちに検知することができます。同時に、センサを使用して充填レベル測定を全範囲で行うことができます。

    特長

    • 継続的な測定
    • 非接触
    • 個別に短くできる(最小 108 mm)
    • 850 mm に至る、より大きな検出範囲
    • フレキシブルなセンサ面
    • アナログ(コンフォート)または IO-Link アンプにより多様な調整が可能

  • ガイドレーダーセンサによる連続的な充填レベル測定

    Balluff マイクロ波センサは液体および固体の充填レベル測定ならびに分離層測定に使用されます。プローブに沿って伝わるガイドレーダーパルスにより、ほこりや泡を生じる媒体でも正確で安定した測定を可能にします。Balluff マイクロ波センサは、その測定原理と機械的な仕様により、厳しい環境に最適に対応します。ガイドレーダーセンサはその特性により、爆発の危険があるエリアや高いサニタリ基準が求められる領域での使用が可能です。

    特長

    • 絶対的な精度の充填レベル測定
    • プロセスにおける最高温度 150 °C、最大圧力 40 bar
    • ステンレスハウジング、高い保護等級 IP68
    • 衝撃および振動に強い
    • 一体型ディスプレイにより、調整および試運転が容易にできる

  • 超音波センサ – 耐薬品性、非接触、超過圧力の場合にも高精度

    Balluff の超音波センサ BUS M30E2 は耐薬品性に優れ、非接触で正確に充填レベルを測定します。測定は、常圧の場合に限らず、タンクや容器内で最大 6 bar の圧力下にある場合でも可能です。ねじ込みフランジ(1 インチ)を使用して簡単にタンクに取り付けることができ、耐圧性に優れています。その他の利点:スイッチング出力とアナログ出力の組み合わせにより、充填レベル測定とオーバーフロー防止を同時に行うことができます。

    特長

    • PTFE 膜により腐食性の媒体から保護
    • 非接触での測定
    • 動作検出距離 1.3 m、限界検出距離 5 m
    • ソフトウェアフィルタにより、上から充填する容器や攪拌器付き容器にも使用可能
    • 高品質ステンレスハウジングを採用しており、食品産業での使用に対応
    • プロセス接続 G1
    • 1 つのセンサにスイッチング出力とアナログ出力、または PNP スイッチング出力 x 2 のバリエーション
    • デジタルディスプレイにより容易に設定可能
    • 保護等級 IP67

  • 磁歪式ポジショニングシステムによる非磁性容器の充填レベルの制御

    ガラス、ステンレス鋼、プラスチックなど非磁性素材製の容器で非接触式充填レベル制御を行う場合は、Balluff のロッドタイプの磁歪式リニアスケール BTL の使用が適しています。容器壁の厚さ 8 mm まで測定可能です。確認は、フロートに内蔵されているマグネットリングが容器内の充填レベルを示すことで行われます。このリニアスケールは容器の外側からその位置を検出し、評価用の信号を発信します。このようにして充填レベルを数 mm から 6 m に至る範囲で確実に測定できます。

    特長

    • 非接触測定
    • 後付け可能
    • 爆発の危険があるエリアでの使用に適合:ATEX 認証仕様での提供も可能
    • 多様なインタフェース
    • バイパスパイプに簡単に取り付けて充填レベルの連続的測定が可能

  • レベルセンサ BTL により、最高水準のサニタリ規格への適合を維持

    食品産業における厳格な要求にも Balluff の レベルセンサ BTL-SF はまったく問題なく対応可能です。最高水準の国際的なサニタリ規格を満たしており、非常に厳しいサニタリ要件が課されるアプリケーションにおいて様々な状況で実証済みです。したがってこれを用いたシステムは世界的に販売可能です。このレベルセンサはマイクロメーターレベルで正確に測定を行い、高い充填精度を実現します。

    特長

    • 国際的に認定された品質(Ecolab、3-A Sanitary Standard、FDA)
    • 100 % ステンレス鋼によりサニタリ規格を確実に満たし、長寿命
    • 設置時の調整不要
    • 設置の自由度の高い標準化インタフェース
    • どのような液体にも反応せず、泡にも強い耐性
    • CIP (Clean in Place):組み付けた状態でも清掃が容易
    • SIP (Sterilisation in Place):130 °C までのプロセス温度に適合
    • 上昇および下降信号を利用できる

  • 静水圧センサによるタンク内の充填レベルの検知

    タンク内の連続的な充填レベルの検知には、Balluff の静水圧センサが最適です。容易に取付け可能で、素早く正確に測定し、高いサニタリ要件にも対応します。センサをタンクの近くに配置することにより、静水圧も同様に確実に監視できます。

    特長

    • ステンレスハウジング、保護等級 IP69K、FDA 適合
    • IO-Link 技術を利用可
    • サニタリ仕様のプロセス接続
    • 圧力範囲:50 mbar 以上
    • 高いリニアリティ
    静水圧センサによるタンク内の充填レベルの検知