数台の成形機の説明図
数台の成形機の説明図

プラスチック産業の高効率化を実現

プラスチック産業の経済性を高めるためには、射出成形金型を最適に使用しなければなりません。そこで、Mold-IDとConnected Mold-IDが使われています。

Balluff の Connected Mold-ID ソフトウェアを使用すると、すべての射出成形金型データを中央データベースに記録することができます。また、この金型データはブラウザベースのアプリケーションに表示されるため、管理も簡単です。

Connected Mold-IDは、RFIDを介して個々の金型を識別し、現在のショット数や最後のメンテナンスなど、すべての関連情報を保存するスタンドアロン型システムのMold-IDをベースにしています。これにより、すべてのデータが確実に記録され、便利に利用できるようになり、すべての生産サイクルを記録することができます。

ハードウェアシステムMold-IDとソフトウェアソリューションConnected Mold-IDを組み合わせることで、すべてのMold-IDシステムをネットワーク化し、最適な金型管理を行うことができます。これで、すべてのデータがシステムとソフトウェアで可視化されます。これにより、生産サイクルや次のメンテナンスのタイミングなど、貴重な情報を得ることができます。これにより、金型のライフサイクルを最適に管理することができるため、状態に応じたメンテナンスが可能となり、効率化が図れます。