8 アナログ入力信号用 IO-Link ハブ

8 アナログ入力信号用 IO-Link ハブ

8 アナログ入力信号用 IO-Link ハブ

IO-Link ハブは IO-Link 内のアナログ信号を変換し、コストを削減

ほとんどのシステムや機械では、アナログ信号が既存のデータ量の約 10 %を形成しています。しかしながら、アナログ入力信号の接続はコスト高の原因ともなります。例えば、シールド付きラインの設置や高価な複数チャンネルの入力グループの制御が必要です。

IO-Link ハブが問題を解決します。このハブはアナログ入力信号をデジタル化し、それを IO-Link マスタに伝送するからです。

このモジュールは最大限の信号分散を保証します。それにより、1 つのアッセンブリ上で様々な電流/電圧インタフェースを設定することができます。

IO-Link ハブは最大 8 個のアナログ式入力信号用に設計されています。それにより、アナログ値の集まるシステムにおいて、明らかなコスト節約の可能性を利用することができます。

 

特長

  • 最大限の信号分散:各ポートを電圧/電流信号、Pt センサまたは温度要素の入力部として調整可能
  • 高い柔軟性:様々な電流/電圧インタフェースを同時に使用
  • 多様な用途:調整可能な分解能
  • 高い保護護等級により、厳しい環境条件に対応