RFID プロセッサ BIS V - 技術に依存しない RFID プラットフォーム

RFID プロセッサ BIS V - 技術に依存しない RFID プラットフォーム

あらゆる要件に対応:High Speed、High Memory、LF、HF、UHF、IO-Link のすべてに

技術に依存しない RFID プロセッサがツールメーカーにもたらすもの

金属処理の機械設備は非常に複雑で、オートメーション化されたツール管理である Tool-ID の要件を満たすことはほぼ不可能な場合がよくあります。様々な機械メーカーがその途中過程にあるため、各種の制御コンセプトが工場に存在しています。

あらゆる要件に対応:High Speed、High Memory、LF、HF、UHF、IO-Link のすべてに

ツール管理を後から組み込む費用は非常に高いため、ほとんど実現することができません。PC ベースの手段が実用的で優れたソリューションを提供します。各個別の機械にリードヘッド(LF、HF、UHF)と RFID プロセッサ BIS V を装備します。これらによって、既存のネットワークインタフェース TCP/IP を介して、生産ライン内で割り当てられている PC に接続することができます。これは、製造ユニット全体(クラスター、ライン、ホール)のためのツール管理システムを使用できる PC です。そのため、オートメーション化されたツール管理が障害になることはありません。

Die Besonderheiten

  • PC ベースのシステムを接続:2 つのプロセスインタフェース(TCP/IP と USB)
  • 高い柔軟性:定着しているすべての RFID テクノロジー(LF、HF、UHF)用の装置
  • 高性能:High Memory および High Speed データキャリアに適している
  • アルミダイカストハウジングにより、極めて高い産業上の要件を満たす
  • 様々な装置を接続:自由に設定可能な IO-Link マスタポート V1.1