産業用 RFID システム BIS L
産業用 RFID システム BIS L

簡単な識別用途に対する答え

Balluff の低周波 RFID システム(RFID BIS L)は、データ処理は重視されず、識別のみが行われるアプリケーションに最適です。

たとえば、追跡には多くの場合、1 つのタグ(読取り専用)しか必要ありません。125 kHz システムは最大 100 mm までの検出範囲で確実に機能し、水、繊維、木材、アルミなどの素材に対して比較的中立的な反応を示します。

最大の特長

  • データキャリア(タグ)のメモリサイズは 192 バイトに制限
  • 小さなデータ容量の伝送用
  • データキャリア(タグ)で分かりやすい製品
  • あまり過酷でない周囲条件での使用に最適
  • 5 バイトの一意の ID、読取りのみ
  • 読取り専用データキャリア(タグ)をご用意(改ざん保護)

システムコンポーネント

  • LF データキャリア(タグ)(125 kHz)

    物体上で直接情報を利用可能

    製造プロセス全体を通して LF データキャリア(タグ)がワークピースに付いています。アプリケーションを実現するために大量のタグが必要となる場合には、Balluff のデータキャリア(RFID BIS L)がコストパフォーマンスに優れた信頼できる選択肢となります。一部のデータキャリア(タグ)の機能は読取り専用となっているため、改ざんは不可能であり、高いデータセキュリティが保証されます。

    特長

    • 各種サイズの円形タグ:Ø 12.4 mm、Ø 20 mm、Ø 30 mm、Ø 50 mm
    • 耐薬品性のガラス製タグ(13 × 3 mm)
    • 読取り専用タグ(3 または 5 バイト)または読取り/書込み可能な(192 バイト)タグ
    • 取付け方法:接着またはネジ止め
    • 読取り専用タグには 2 つのバージョンをご用意:固定サイズ 5 バイトの「一意の ID」付きまたは、お客様の仕様に応じた個別データ(3 バイト)のプログラミング付き
    データキャリア(タグ) BIS L
  • LF リード/ライトヘッドとアンテナ(125 kHz)

    データキャリア(タグ)の通信パートナー

    アプリケーションに特化した Balluff の LF リード / ライトヘッドとアンテナは、産業環境に適合するデザインで、簡単に装置に組み込むことが可能です。

    最大 4 つのアンテナを RFID プロセッサ BIS V に接続可能です。スペース上の制約がある場合は、プロセッサ電子部品を含まない極めて小型の M12 または M18 のリードヘッドが使用できます。

    さらに Balluff は IO-Link インタフェース搭載リードヘッドを提供しています。これは、追跡のために 1 つのタグ(読取り専用)しか必要ない場合によく採用されます。

    特長

    • 保護等級 IP67 の堅牢なハウジングにより、厳しい環境下でも安全に使用可能
    • 検出範囲は、使用されるアンテナとデータキャリア(タグ)の組合せに応じて異なる(各アンテナのデータシートを参照)
    • M12 コネクタ、最大 50 m のケーブル長で接続
    • フラット構造をご用意
    LF リード/ライトヘッドとアンテナ(125 kHz)
  • RFID プロセッサ内蔵の LF リード/ライトヘッド(アンテナ)(125 kHz)

    1 つの機器で読取りと評価が可能

    Balluff の RFID プロセッサ機能内蔵 LF アンテナでは、1 つのハウジング内にアンテナ、電子部、インタフェースが統合されています。

    簡単に設置でき、時間とコストの削減につながります。一部のリードヘッドは、取付スペースが狭い場合にも適しています。電子部品を含まない特殊なバージョンでは、設置時にゆとりが生じます。また、IP67 の堅牢なハウジングにより厳しい環境下でも安全に使用できます。

    特長

    • 使用可能なインタフェース:パラレルおよびシリアル(RS232、RS422)
    • 追加の RFID プロセッサは不要
    • リーダーのハウジングに直接備えられたステータス表示により、容易な試運転とダウンタイム削減が実現
    RFID プロセッサ内蔵の LF リード/ライトヘッド(アンテナ)(125 kHz)
  • LF ハンドヘルド(125 kHz)

    モバイル式データ収集 – 簡単かつ快適

    Balluff の LF ハンドヘルドは、BIS L タグのモバイル式読取り/書込みに最適です。これは、手動での品質検査やメンテナンス作業中の記録に使用されます。

    Balluff のハンドヘルドは、WLAN、Bluetooth またはケーブル接続された USB 接続を介したデータ伝送に使用されます。モジュール式なので 1D または 2D バーコードリーダーを拡張でき、照明条件が悪い場合や厳しい環境下でも絶対的な精度と信頼性を発揮します。

    特長

    • オペレーティングシステム Windows CE® V6.0
    • 選定したデータキャリア(タグ)に応じて各種のアンテナバージョンをご用意
    • アンテナバージョンに応じた検出範囲
    • 充電器およびタッチペンが納入範囲に含まれる
    • 基本機器は高性能 Zebra Workabout Pro 4 モバイルコンピュータ
    • Balluff ソフトウェアをプリインストール(SDK - ソフトウェア開発キット)
    • 大型カラーディスプレイ付きタッチスクリーン
    • アクセサリ(オプション):人間工学に基づいた作業のためのドッキングステーションおよびガングリップ
    • ご要望に応じて、カスタマイズされたソフトウェア
    LF ハンドヘルド(125 kHz)
  • LF RFID プロセッサ(125 kHz)

    すべての周波数に対応するコンパクトな RFID プロセッサ

    Balluff の RFID プロセッサ BIS V では、1 つの RFID プロセッサあたり最大 4 つのリード/ライトヘッド(アンテナ)を同時に使用することが可能です。周波数に依存しないため、あらゆる周波数(BIS M、BIS L、BIS C、BIS U)の混合運転が実現します。これにより、1 つのタイプの RFID プロセッサしか必要でなくなることから、在庫管理が大幅に簡単になります。産業に依存しないアプリケーション用に、この RFID プロセッサにはさらに、世界中で一般に使用されているあらゆるバスシステムが用意されています。

    特長

    • 堅牢な亜鉛ダイカストハウジングにより完璧な EMC 保護を実現
    • すべての接続に前面でアクセスしやすい
    • さまざまな取付けコンセプトにより DIN レールまたはプロファイルへの取付けが容易
    • LCD ディスプレイおよび押しボタンにより試運転が容易
    • 各アンテナは 2 つの LED を介して直接 RFID プロセッサに作動状態を通知
    • IO-Link 対応のセンサおよびアクチュエータ接続用の IO-Link マスタポートを内蔵
    • 快適に状態を遠隔監視できるウェブサーバー
    • 一般的な多くのコントローラメーカーのファンクションモジュールにより迅速な使用開始が可能
    • ラインおよびリングトポロジー用の 2 ポート Ethernet スイッチを内蔵
    • 小さくてコンパクト(172 × 48 × 62 mm)
    • USB インタフェースによりバス接続なしで迅速な試運転が可能
    • BIS Cockpit:アンテナはインタフェースに依存することなく、PC ベースのソフトウェアツールでパラメータ設定が可能
    • 過酷な産業環境向けに堅牢な 7/8" コネクタを介して電源供給
    RFID プロセッサ BIS L
  • LF データカプラ(125 kHz)

    エアインタフェースを介した安全なデータ伝送

    Balluff の LF データカプラは最高の柔軟性を提供します。2 つのエアインタフェースを介して安全にデータが伝送されます。このとき、エアインタフェースが固定式のデータ伝送の代わりに両方の遷移部の非接触ブリッジを可能にします。このデータカプラは、回転板、交換式ワークピースホルダーやグリップアームなど、機械式のダブルインタフェースが利用できないあらゆる場所で使用できます。これまでアクセスしにくかった場所でも機能性確認を容易に行うことができます。

    特長

    • 機械的な摩耗がなく、メンテナンスフリーで伝送可能
    • 高速かつ安全な信号伝送
    • 各種のケーブル長:1 m、2 m、5 m
    LF データカプラ(125 kHz)