インテリジェントな自動車産業ソリューション > バッテリー製造のオートメーション化
バッテリー製造のオートメーション化へ導く柔軟なソリューション

電気自動車の生産には安定した品質と優れた効率性が重要

電気自動車の需要がますます増えています。これは、自然環境の変化や化石燃料の資源の限界によって、内燃機関の代替ソリューションが求められてきたからです。バッテリー開発の技術的進歩は電気自動車の需要をさらに加速させます。

電気自動車の心臓部はリチウムイオンバッテリーです。このバッテリーを高い品質で経済的に製造するには、メーカーは柔軟で効率的なオートメーション化ソリューションを必要とします。Balluff は長年にわたるオートメーション化と自動車産業分野での経験を活かし、未来志向のテクノロジーを用いて、バッテリーセル製造やバッテリーモジュールの組立てなど、バッテリー製造のオートメーション化へ、包括的かつ柔軟なソリューションを提供します。

バッテリーセル製造:製造開始段階から品質管理

不良のバッテリーセルがたった 1 つあるだけで、バッテリーパック全体の性能に悪影響が出てしまいます。後の工程で品質検査を行えば、それだけ多くの不良品が出る可能性があります。そのため、バッテリー製造の全工程を通じて品質のチェックを行う必要があります。よって、バッテリー製造のオートメーション化は極めて重要な品質管理の対策となり、各工程において品質を継続的かつ効率的に監視することができます。

Balluff の高品質なセンサ/識別システム/ネットワークソリューションは、質の高いバッテリーの製造をサポートします。例えば Balluff のフォーク形光電センサは、ロールプレス工程で電極フィルムのエッジ制御に必要な測定を行うことができます。またコントラストセンサは、フィルムロールがいつ空になるかを適時に知らせます。Balluff の光電距離センサはフィルムのロール径の監視に使用され、Balluff のカメラシステムは幅、輪郭、位置を比較・点検・監視します。このようにしてプロセス中の障害を早期に検出して回避することができます。

バッテリーセル製造にのアプリケーション事例

連続的なロール搬送に最適な傾斜センサ

光電センサによるロール径の監視

フォーク形光電センサによるフィルムのエッジ制御

セーフティセンサで防護扉の安全性を確保

バッテリーの組立て:全ての工程でトレーサビリティと柔軟性を実現

バッテリーの組立て工程では、すべての工程と供給源に関するデータの完璧なトレーサビリティが不可欠です。このことにより、すべてのコンポーネントに対する工程のチェックと品質保証を行うことできます。Balluff は、これらの要求に対応する多彩な RFID システムを提供しています。

バッテリーセルのサイズ変更、バッテリーパックへの様々な接続方法と異なる取付けなど、バッテリー技術は常に進化しています。そのため、生産設備はこの継続的な進化に迅速かつ柔軟に対応することが求められます。Balluff は柔軟なソリューションによって、この要求をサポートします。例えば、インダクティブカプラは非接触の電力とデータ伝送が可能です。これにより、分離するユニットは機械的なコネクタ端子が不要になるため、素早く分離でき、配線の手間を軽減します。つまり、バッテリー製造のオートメーション化により、新しい要求を極めて短い時間で対応し、プロセスに柔軟性を持たせることができます。

また、不規則性を早期に検知し、危険な作動状態を回避するには、例えば Balluff の LED 積層信号灯形 SmartLight が最適なソリューションです。また Balluff SmartCamera はバッテリーセル上のコードを確実に読み取ります。

バッテリー組立てのアプリケーション事例

インダクティブカプラによるデータと電力の柔軟な伝送

Factor 1 機能を搭載した誘導型近接センサで確実な位置検出

柔軟な SmartLight によるプロセスの見える化

RFID による自動識別と追跡

その他の情報

リリースリスト プロジェクトハンドブック、リリースリスト、プロジェクト情報
モビリティ ロット数 1 に至っても効率と品質を保証
IO-Link IO-Link によるプロセス品質の向上
安全性 Balluff 品質における機械安全性
マシンビジョン(MV) 産業用画像処理 – ソリューション一式を 1 社で提供